とある科学者の偏愛もしくは狂気

作者 橋本洋一

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

骨に纏わる狂気と、狂気を裏打ちする純粋。
悍ましさの裏側に、純白の願いを見た次第。

真空パックに留めるやうな。
インスタントカメラで撃ち抜くやうな。
貴女のもっとも中心たる場所を、
懐に抱いて眠りたいやうな。

どれだけ理性が拒んでも、
その感覚を私は知っています。