千手忍法帖(せんじゅにんぽうちょう)

作者 躯螺都幽冥牢彦(くらつ・ゆめろうひこ)

異形が歩むのは陽の道か蛇の道か

  • ★★ Very Good!!

戦場で鬼岳沙衛門に救われた少年、十手千手丸は、沙衛門一行に加わった。

しばらく経ったある日、千手丸はお時という娘に出会う。訪れた春は彼を浮かれさせ、後ろに迫る七つの影を見落とさせるには充分であった……。


『忍法 無残絵』に続き、躯螺都幽冥牢が描く第二作。

前作からかなりのボリュームアップを迎え、より魅力的になった沙衛門たちの世界があなたを待っている。

今回初登場の千手丸の成長や、個性豊かな敵の面々にご注目。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

にとろげんさんの他のおすすめレビュー 23