恋愛は、押してダメなら、もっと押すっ! これが、唯一無二の必勝法よっ!!

「で――何が、あった、わけっ?」

「な、何も、ない、よっ?」

「もしかして……司と別れた?」

「!!!! そ、そんなことあるわけっ」

「隙ありっ!!」

「!?」


 画面上で、キノコのキャラが放った赤い甲羅は、狙い違わず私の御姫様を直撃し、クラッシュ。抜かされる。

 現在、時刻は午後1時。

 今日の私は、朝、色々あって大学を自主休講し、姉さんの家で国民的レースゲームをプレイ中。天使の唯ちゃんは幼稚園の為、不在だ。なので、この場にいるのは私と――頬を膨らまして、隣で鼻歌を歌っている人に抗議。


「姉さん、酷いっ! ズルいっ!! 大人気ないっ!!!」

「ふっふっふ……弥生、西木家の伝統を忘れたの? 勝てば」

「……官軍」

「勝負の世界は」

「……非情」

「お姉ちゃんの言う事は」

「……お母さんとお父さんに密告」

「!?」

「隙ありっ」


 雷を落とし、姉さんのキャラを足止め。小さくなったキノコをひく。

 リビングに響き渡る悲鳴。


「や、弥生っ! い、何時から、そんな子に……司に、いったいどういう調教をされてるのっ!」

「ち、ち、調教って……わ、私達、べ、別に、そ、そんなこと……その……まだ、してくれないし……」

「あれあれぇ? な・に・を想像したのかしらぁ??」

「う……」

「うふふ、弥生の、えっち♪」

「…………あーとつぜん、えんじんとらぶる、がー」


 わざとボタンを放し、速度を緩める。訝し気な視線。

 それでも、後ろから姉さんのキャラが追い抜いていく。直後――再始動。

 手持ちアイテムは☆。


「!? や、弥生」

「んーなーにぃ?」

「ま、まさか、そんな……わざと、抜かした上で、再度叩き落とすなんて……そんな、そんな悪辣非道なこと、しないわよね? ね??」

「ははは、しないよぉ。姉さんは私を信じてくれないの?」

「☆を捨ててくれたら、信じるわ」

「あー手が滑ったー」


 ☆を発動。どうにか、逃れようとするキノコを追尾。逃がさないんだからっ。

 直撃。再度クラッシュ。良しっ。


「あ、ごめんなさい、姉さん。狙ったつもりはなかったの。でも」

「……いいのよ。いいの。ウフフ。弥生がそのつもりなら、もうっ、私はっ、容赦し――ねぇ」

「なーに?」

「どうして、また止まってるのかしら? しかも、赤甲羅を持って」

「今日、御姫様のエンジンが、調子悪いみたいなの」

「……せ、成長したわね、弥生。だけどっ」


 姉さんが目を見開き、力強く宣言。

 キノコがコース上を爆走。


「私はひかないっ! 止めれるものなら、止めてみなさいっ!」

「はーい」


 抜いたキャラに赤甲羅を容赦なくぶつける。

 ――その後も、散々、楽しんだ。うん、少しは気分が晴れたかも。

 隣でぐったりし、目を瞑って動きもしない姉さんを見る。


「あ~えっと……姉さん、その」

「……少しは気が晴れた?」


 バレてたみたいだ。

 何となく、頭を姉さんの肩にくっつける。


「……うん。ごめんなさい。いきなり来ちゃって」

「いいのよ。どーせ、愚弟が何かしでかしたんでしょ? 話してごらんなさい」

「…………あのね」


 姉さんに、司の担当さんの話をする。

 

 若くて可愛い女の人だということ。 

 しかも、どうやら司が気になっている(司は否定してたけど)みたいなこと。

 司と私の関係を……壊そう、としていること。

 昨晩、色々と話して一度は納得したこと。

 今朝、打ちあわせへ出かける司の後をつけようとしたら、バレて口喧嘩になったこと。

 

 色々と話す。

 その間、姉さんは黙って聞いてくれた。 

 ――懐かしい。

 中学生の時も、司のことで悩んでて、姉さんに聞いてもらったっけ。

 

「それで――弥生はどうしたいの?」

「私は」

「……司のことが嫌いになった?」

「そんなこと、ない。ありえない。私は、ずっと、ずっと、ずっっと、司のことが好き。絶対に離れたくない。……姉さんの意地悪」

「うふふ、なら、答えは出てるじゃない」


 姉さんが満面の笑みを浮かべる。

 そこに迷いは一切無し。


「恋愛は、押してダメなら、もっと押すっ! これが、唯一無二の必勝法よっ!! あの愚弟のことだから、今頃、あたふたしてるに違いないわ。幾らでもお願い聞いてもらえるわよ♪」

「あ、うん。それは分かってるんだけど」


 だって、さっきから延々と携帯に着信がきてる。

 あれですっごく過保護なのだ。仮に私が愚兄の立場だったら、同じ行動を――私は司の位置情報を、秘密で入れてるからその場に行っちゃうかもしれない。あ、勿論、これはストーカーさんとは違う。万が一の担当さん対策。それ以上、それ以下でもない。ないったらない。

 だけど、位置情報はいい。

 大学で見てると、どうしてもニヤニヤしてしまう。

 あー今、司は家で御仕事してんだなぁ、とか、あ、買い物へ行ってるー、とかが分かるのだ。出来れば、今度は脈拍が分かるのを――姉さんが、ジト目で見てくる。

 

「弥生、聞いてるの?」

「あ、はーい。恋愛はやっぱり押さないと、だよねっ! ……あれ? でも、姉さんは義兄さんに実践して全然、結果が出なくて、結局、義兄さんに一撃で」

「……人は、過去ではなく、今を生きる生き物なの。さ、どうする? 今日は泊まってく?? 一晩くらいやきもきさせた方が、後で燃えるわよ???」

「!? だ、だ、だから、わ、私と司は、その、あの……ね、姉さんっ!!!」

「うふふ♪ ほんとっ、弥生は可愛いわねぇ。私の自慢の妹よ」


 抱きしめられて、優しく頭を撫でられる。

 昔はよくこうやって、みんなに撫でられたなぁ。

 お母さんとお父さん。姉さんと――指輪をなぞる。


「姉さん」

「ん~?」

「私……帰って司とちゃんと、話すねっ!」

「そうしなさい。愚弟が、泣かすことをいったら、お姉ちゃんが許さないからっ!」

「うん、ありがと」


 よしっ!

 西木弥生、頑張りますっ!! 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

猫被り妹と愚兄の日常 七野りく @yukinagi

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ