呪物公園

作者 ぴぃた

引き込まれる作品です

  • ★★★ Excellent!!!

ホラーというと、単に怖さを追及した作品が多いのですが、この作品はそれだけではありません。


この小説には、さまざまな個性的な人物が登場します。


登場人物は個性的ではありますが、私たちにも共感できる部分がたくさんあると思います。



だからといって、恐怖的な要素が薄まっているかというとそうではなく、


私たちの日常にも、そういう恐ろしいことが起こるのではないかという、身近な恐怖を感じてしまいます。



怖いながらも読み進めるごとに物語に引き込まれてしまう、そういう魅力がこの小説にはあると思います。



この物語のなかでは、呪物というものが中心となっていますので、私はこの呪物を意識しながら読み進めていたのですが、


この呪物がどう絡み合っていくのかとてもハラハラしながら最後まで面白く読むことができました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

亡霊が生み出した曰く付きの品『呪物』を巡る群像劇から、物語はスタートします。

一つ一つの呪物がそれに関わる者達を大きく翻弄する、オムニバス形式で綴られる物語はどれもぞっとするほど恐ろしく、自分の身… 続きを読む