渡会美幸、三十六歳――突然ですが名前が変わります

作者 RAY

102

41人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

僕だけかもしれません。

この作品に宿る切なさを完読したときに味わったのは。

とても明るく面白く進む主人公とお話。

でもそれがゆえの切なさは僕は瞳を滲ませました。

是非初めて読む方は、そんな一面も持ち合わせている作品と思って読んでいただければ、より一層この作品の面白さや奥深さを感じる事が出来ると思います。

RAYさんの感性にノックダウンです('ω')ノ

★★ Very Good!!

お久しぶりです。少し待ち時間が出来たので、立ち寄りました。
この展開、読めませんでした。この時間なので、無防備に読み始めたのが敗因でしたが、素直に面白いと思いました。
終盤の雲行きが怪しいなぁと感じたのですが、そう来ましたか。真相はそう言う事ですよね。何だか、コメントし辛いです。
星の数は、短編にはMAX2つが信条だからです。

★★★ Excellent!!!

タイトルから読み出し、そう言った女性の心境を、この作者からどのような表現させるのか、楽しみだった。
しかし、見事なまでに、良い意味で裏切られる程の意表を突かれた!!

読み返せば確かにと思う所はある、ラストのオチに驚きだった事と、短編ではあるが想像を超える展開のテンポに面白さを感じてます。