名医の目井さん

作者 PURIN

64

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

どんな患者さまもお助けし、
どんな要望だろうと「本人の」希望なら必ず叶え、
たとえどんな状態になろうと、絶対にだれも死なせない。

そんな名医と、素直すぎるのほほんとした住人たち。
なんて狂った最高の世界。

短編連作をワンパターンにせず、ひとつひとつ面白く読ませる手腕が恐ろしいほどです。
笑うせえるすまんとブラックジャックを足したような世界観。

気になる方は、おひとつどうぞ。
すぐに、全部たいらげたくなりますから。

★★★ Excellent!!!

「いろんな意味で」有名な町医者、目井さんの許へは、今日も様々な悩みをもつ患者が訪れます。全身が痒くて困っている人、忘れ物をしないようにして欲しい学生、恋人の頭の悪さを何とかして欲しい人、仲の悪い同業者、など……。
彼らの一つ一つの悩みに、目井さんは、いつも真摯に応え、解決してくれます。時には、残酷なほどスッパリとーー。

簡潔かつリズム感のある文書で、物語はサクサクと進みます。始めのうちは目井さんの治療法のあまりの斬新さに「うわあ……」となりますが、読み進めていくうちに、クセになってきます。

さて、今日はどんな患者さんがいらっしゃるでしょう?
病みつきになるシュール系ホラーです。

★★★ Excellent!!!

ブラックジャック先生並みの腕(いやそれ以上かも)とレクター博士級のヤバさ(いや本当は優しいのかも)を併せ持つ名医『目井さん』と愉快な住人と不愉快な住人たちが繰り広げる非日常的日常群。

短編としても一話一話面白いのですが、過去のエピソードの登場人物が出てきたり、話全体を通してある謎が徐々に明らかになってきたりしますので、ぜひ全部通しで読むのをおすすめします。

★★★ Excellent!!!

ホラー要素が軽く入ったコメディ……なのでしょうか?
すごく斬新な設定の数々、特に「パイナップル」でそこまでの発想力には脱帽しました。

名医の目井さん、現実にいたらと思うと……。
あっ、少しトイレに行けそうにないので、誰か一緒にry(笑)


★★★ Excellent!!!

頭の痒みが我慢できない、忘れ物が多くて困っている。そう言った体の悩みからどうしても直せない癖を、町で有名なお医者さん、目井さんが解決します。
ただその解決方法というのが……ちょっとグロかったりします。

目井さんの治療法に恐怖を感じますけど、思わず「それは違うだろ!」と突っ込みたくなり、ユーモアセンスに溢れています。

今後どのような患者が目井さんの元を訪れ、彼がどう治療していくかが楽しみです。