エピローグ

グレンの目覚め

 エピローグ


 カプセルの引き戸が、スライドして開いた。

 銀色の装置から飛び起きた青年が、顔をしかめる。

「光が! いや。これは、オレの身体からだだ。ん? ここはどこだ?」

 メタリックな灰色の部屋。

 天井に照明が並ぶ。

 物が置かれていない。人影も見えない。

 あるのは、20度ほど傾いた2つのカプセルがついた装置。両方開いていて、右側には何も入っていない。

 黒い短髪の男性が、左のカプセルから出た。床を踏みしめる、クリーム色の靴。

 身長、約180センチメートル。

 灰色の迷彩服に身を包み、筋骨隆々とした身体。

 よく響く足音が近付いてくる。

「おはよう。グレンさん。やりましたね」

 身長、約170センチメートルの女性が言った。

 栗色のスーツ。鼠色のシャツに、メガネ姿。首に墨色のスカーフを巻いていた。

「え? やったって? クサリを壊して、ムネンが消えたのか? なんで知ってるんだ?」

 首を傾げる青年。表情には、ひたすら疑問符が浮かんでいた。

「なんで、って? 色々ありましたからね」

 女性の髪は、もみあげ部分が伸びている。銀色。

 手を引かれて、グレンは部屋の外に出た。窓はなかった。

「手、熱いぞ? 大丈夫か? 横になったほうが、いいぜ」

「大丈夫ですよ。温度が違ったみたい。意外と、大胆だいたんですね。グレンさん」

「言ってることもよく分からないし、服の流行が、ずいぶん変わってる気がするな」

 しばらく歩かされて、ディスプレイのある部屋に到着した。

「ほら。見て。これが、あなたが守った地球ですよ」

 黒い宇宙に浮かぶ、青い星が映っている。

 茶色や緑の陸よりも、複雑な形で広がる白い雲のほうが目立つ。

「これが地球か。出発のとき、見れなかったんだよな。まて。ここって宇宙コロニー?」

「気になります? では、地球に向かいましょう」

「向かうって、どうやって移動するんだ?」

「はい。着きましたよ」

 ものすごい速さで景色が変わった。ディスプレイには、ニューヨーク市の摩天楼が映っている。

「どんな技術だよ! にしても、きれいだな。昔のままじゃないか」

「みなさん、頑張ったようです」

「いったい、あれから何年経ったんだ?」

「39年です」

 女性は微笑んでいた。

 グレンの表情は微妙なものになる。

「ああ。そうか。あいつら、まだ生きてるんだろうな?」

「では、会いにいきましょう」

「だから、なんで知ってるんだよ」


 ニュージャージー州のフォート・リーという街。

 かつてニューヨーク奪還作戦の司令部が置かれた、陸軍の基地がある。

 四角い深緑色の建物と、大きな工場が目立つ。

 上空からゆっくりと降りてきたのは、グレン。久しぶりの地球に着地した。

 あたたかい太陽の日差しは、東から降り注いでいる。

 気温は低い。辺りの木々は色付いていた。

「どんな降ろしかただよ。怖すぎるだろ。基地、いまは、どこの部隊のものなんだ?」

 見上げると、そこには何もなかった。

 頭のうしろをかいて、周りをきょろきょろと見渡す男性。

「ちょっと待て。オレ、部外者だろ。ここに降ろすのは、まずいぜ」

 ゆっくり背中を向けて、立ち去ろうとするグレン。

「なんで、挨拶もなしで逃げようとしてるのよ」

 かわいらしい声が聞こえてきた。

 振り返る。

 身長、約160センチメートルの女性が立っていた。前髪は顔を隠さない長さ。

 線は細くない。鍛えていることを窺わせる。首には褐色のスカーフ。

 グレンの表情が明るくなった。

「なんだ、夢か。いや、寒いから夢じゃないな。てことは、子供か孫? 似すぎだろ」

「もう。こっちに来なさい。グレン特務兵」

 淡い茶色の髪をうしろで束ねた女性が、手を引いて歩き出す。

 二人とも灰色の迷彩服姿。

「39年経っても、特務兵なのか、オレ。陸軍って厳しいな」

「いいから。食堂に。行く!」

 兵舎に隣接する食堂。暖房で暖かい。

 ドアを開ける女性。二人が入ると、破裂音がした。

「なんだ? 模擬戦か?」

 グレンが部屋の中を眺めると、たくさんの人が並んでいた。

 紙製の筒を片手に持つ人が多い。もう片方の手でひもが引かれて、細い紙が飛び出していた。

 たくさんの笑顔を見て、グレンも笑顔になる。

「ああ。オレ、対消滅に耐えられなかったんだな。精神が。それで、こんなものを見てるのか」

「それは、いまだ人類がなしえない技術だね」

 優しそうな声の男性が言った。身長、約170センチメートル。

 濃い茶色の髪は、最近切られていない。普通よりすこし伸びていた。

 紺色の上着に、濃い青色のパンツ姿。

「意識が、はっきりしていない可能性があります。目を覚まさせることを推奨します」

 よく通る声の女性が提案した。身長、約165センチメートル。

 金髪ミドルヘアで、色白。

 紺色の上着に、紺色のスカート姿。胸元から、わずかに白いシャツが覗く。

「うむ。目覚まし作戦を認める」

 渋い声の中年男性が許可した。

 髪型は七三分けで、すこし白髪交じり。

 紺色の上着。黄色い装飾が施されている。パンツは濃い青色。

「これは予想外。ワタシです。バーティバ=ツーです。グレンさん」

 入り口のドアを開けて、女性が入ってきた。サイドが伸びている銀髪。

 小豆色のスーツ姿で、下に着ているシャツは灰色。メガネをかけている。首には黒いスカーフ。

 うーん、と唸ったグレンが口を開く。

「39年経ってるんだろ? 嘘を言わないし、な。ケイ素生物は。説明してくれ」

「はい。超高速戦闘の結果、39年経過しているのは、事実です」

「みんな、見た目同じじゃないか。そうか。改造されたのか、みんな」

「いえ。地球の平和を守るため、時間を停止させていました。合わせて39年」

 バーティバ=ツーの言葉を受けて、各国のツインタイム使いも姿を見せた。

「まるで一瞬の出来事だ」

「言葉どおりですわ」

「信じてた、って言わないのか。俺に言わせるな」

「いいと思うよ。こういうのも」

「託した甲斐があった」

 グレンはすこし固まった。

「そうなら、そうって言えよ。なんで、あとから言うんだよ!」

「そうそう。これは、伊達だてメガネ。似合いますか?」

「地球の文化に馴染みすぎだろ。勉強熱心だな」

 すこし困ったような顔で笑うグレン。

 見守る兵士たちも笑っていた。イリヤも、ライラも、ホレイシオ将軍も。

「ちょっと、いつまで話してるのよ。いい加減、目が覚めたでしょ?」

「ああ。エリカ。悪い。寝ぼけてたみたいだ」

 両手を腰に当てて口をとがらせていたエリカが、手を上に上げる。首のスカーフを外した。右手に持つ。

「パーティーの主役なんだから。借りは、そこで返してよね」

 右手を握る。前に突き出した。

「はしゃぎすぎるなよ。ほどほどにしようぜ」

 グレンも右手を握った。前に突き出す。

 二人は拳を合わせた。


「あいつも、ここにいたらなあ」

「これ、見る?」

 情報端末が取り出された。

 グレンとエリカが、窓際に立って顔を並べる。

 保存されている画像を見る二人。

 遠くから撮られた写真や、暗い基地。グレンとエリカが並んだ写真もある。

 しかし、肝心なものがない。持ち主が写っているのは、エリカが撮ったパワードスーツ姿だけ。

「本当に、オレには普通の人間にしか思えないぜ」

「……」

 何も言わず、エリカはグレンの胸に顔をうずめた。

 わずかに雪が舞う、窓の外。

 木の陰から、建物を眺める人影があった。

 空飛ぶ銀色の円盤が出没する基地。地元では有名なので、珍しいことではない。

 両手をあわせて、長方形のフレームが作られる。

 電子音は鳴らなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

並列兵士 ツインエッジ 多田七究 @tada79

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ