イツワリからの解放

 バーティバの本来の身体が入ったツインタイム。

 引き戸がスライドする。

 銀色の部屋で、左側のカプセルが開いた。

 クサリからすこし離れた場所。

 衛星級マトクスター。とてつもない大きさの銀色の球体。後方支援用。

 銀色の装置には、カプセルが2つある。

 右側のカプセルに、赤橙色のメタリックなロボットが横になった。

 左側のカプセルのそばに立つのは、同じ見た目のロボット。左側のスイッチを押す。

 スライドする引き戸。

 ふたたび、カプセルが閉じた。

 中の時間が止まり、透明部分が黒くなる。生成される仮の身体。

 右側の引き戸が開く。

 カプセルから、長身で銀髪の男性が現れた。

「急がなくてはいけません」

 小豆色のスーツ姿のバーティバが、格納庫へと向かった。

 広い空間に立つハガネ。

 黒色のメタリックな巨大ロボット。

 力の入った目で見つめるバーティバ。首元へ飛んだ。


 天の川銀河の中心部近く。

 恒星の輝きで、空が溢れている。

 地上は、金属光沢のある灰色の風景。

 もともとは青い惑星、クサリ。半径、約6300キロメートル。

 大気はない。海もない。

 炭素生物の存在を確認できない。光を放つロボットが、ひたすらぶつかり合っているだけ。

 コピーした地球である、たくさんの亜地球を結ぶネットワーク、ムネンの中枢。

 物質を操作し、太陽系のコピーを作りつづけている。

 クサリの住人は肉体を捨て、集合体と化していた。銀河系を支配する、巨大なコンピュータ。

 そこで、二体の巨人が戦っていた。

 光を放ちながら拳を交える。全長、約13メートルの金属。

 追加装甲に覆われ、鋭さを上に向ける。

「武器を使わないのか?」

 薄い黄色のDを操るグレンが、金属の左脚をのばした。

 光に包まれた蹴りが、薄紫色のアナザーDを捉える。鉱物の結晶に見える追加装甲が砕けた。

「人が気分良くしてるのに、水を差すな。面白い話をしてやるよ」

 ウルフは、喋りながらも攻撃をやめない。腕がのばされる。

「おまえ――」

「クサリの連中は、長く生きられなかったらしいぜ。溢れてる光のせいで」

 光る拳は、光に包まれた腕で防がれた。

「紫外線とか、宇宙線ってやつの影響か」

「らしいな。だから、こいつらは、肉体を捨てる道を選んだ」

 アナザーDが左足を横に振る。Dが右腕を光で包んで防御した。

「それは否定しない。オレは」

「同意見だなぁ。別に、それはどうでもいい。俺も、な」

「ほかの星を巻き込むな、って話だ!」

 Dが左腕を突き出す。アナザーDの右腕を捉えた。鉱物のような装甲が砕ける。

 ウルフが笑い声をもらす。

「はっ。防衛装置を浮かべてる時点で、こいつらの負けは決まってる。そうだろ?」

「ああ。そうだな」

 光をほとばしらせた右足が、回し蹴りを放った。

 薄紫色のアナザーDの胸部装甲をかすめ、削り取る。

「グレン! 一人で戦う気分はどうだ?」

「正直なところ、すこし、寂しいな!」

 同時に拳をのばして、ぶつかり合った。

「頭の中の声が邪魔でよぉ。羨ましくて、たまらないぜ」

「オレは集合体になってないけど、声が聞こえるぜ。こんなところで負けるな! って」

 光に包まれたひざを突き出す。アナザーDの腹部の装甲が割れた。

「羨ましい限りだぜ!」

 心から楽しそうに叫ぶウルフ。

 かがやく右腕がのびる。Dの左腕の追加装甲が砕けた。

「冷静に相手を見るんだ!」

 Dが右足で下段蹴りを繰り出す。アナザーDの左脚の装甲が割れた。

「そうだ。グレン」

「一気に畳みかけることを推奨する!」

 うしろを向いたDが、左足を反時計回りに振る。光に包まれた足で、アナザーDの胸部装甲が砕けた。

「まだ、だぜ。俺は――」

「変身!」

 コックピットのグレンが、薄緑色のパワードスーツ姿へと変わった。

 Dが右手の指を伸ばし、まっすぐ突き出す。輝きを放ちながら。

 アナザーDの胸部を突き抜ける。

 背中から出て止まった。

 反撃はない。

「甘いんだよ。グレン。さっさと止めを刺せ」

 すでに開いていた左胸の穴から、Dの指が抜かれた。


 金属光沢のある灰色の地表。

 ムネンの中枢、クサリ。

 動くものが見当たらない。最初の太陽系にある、最初の地球が変貌した姿。

 そこで、二体の巨大ロボットが立ち尽くしていた。

 Dと呼ばれる機体が、構えを解いた。追加装甲は、あちこちが砕けている。

「投降しろ」

 巨大ロボットのコックピットで、グレンが言った。

 パワードスーツを解除して、灰色の迷彩服姿に戻る。筋骨隆々とした身体。

 頭のうしろをかいた。短い黒髪。

 といっても、本来の身体ではない。1億番目の亜地球に本体がある。

 ツインタイムによって、仮の身体のロボットを操作中。

 球形の空洞は、全面ディスプレイになっている。辺りの様子が映し出されていた。

 薄紫色のロボットが前に立っている。

 アナザーDと呼ばれる機体。

 追加装甲はボロボロ。全身にも、ひび割れが目立つ。

「ここまでくると、笑いしか出ねぇぞ」

 操縦しているウルフは、笑っていた。

 濃い灰色の上着、深紫色のパンツ姿。首には長めの黒いスカーフ。

 ムネンの生物兵器。見た目は青年。

 尖った髪型で、えり足や耳周りがすこし伸びている。

 薄い黄色のDから声が聞こえた。

決着けっちゃくだ。どうやってクサリを破壊すればいいか、考えようぜ」

「知るか。自分で考えろ。俺は、疲れた」

 アナザーDの追加装甲が消えて、丸みを帯びた元の姿に戻った。

 装甲は、いまにも砕けそうになっている。

 ウルフは笑い続けていた。

 笑い声が止んだ。

「何も思いつかないぜ。まいったな。声もしない。ケイ素生物の連中、やられたんじゃないだろうな?」

 グレンが眉をひそめていると、丸みを帯びた巨人が殴りかかってきた。

「早く、攻撃しろ! 声が! 俺は、もう。グレン。頼む」

「ウルフ!」

 アナザーDから声がしなくなった。

 淡々とDに近接攻撃をする。左腕に、光る刃を発生させた。

「完全に、ムネンに操られてるのか」

 右腕のフォトンシールドで防いだグレンが、左腕からフォトンブレードを発生させた。

 すこし距離を取ろうとする。すぐに間合いを詰められた。

 光る刃で攻撃を繰り返す、薄紫色のアナザーD。機械のような正確な動きを続ける。

「まるで、傀儡くぐつだぜ」

 コックピットで、金属の棒が握り締められた。敵の動きをよく見る。

 一直線に胸部を狙う刃。

 紙一重でかわしたグレン。

 間髪入れずに右腕を突き出す、薄い黄色のD。

「フォトンドライバー!」

 拳がぶつかる寸前、杭打機のように、フォトンブレードが勢いよく射出された。

 胸部装甲の中心を捉えている。背中から突き出す光。

 輝きを失う、薄紫色の左腕。

 アナザーDの目から光が消えた。


「紅蓮さん、無事ですか?」

 バーティバの声がした。

 Dのコックピットに立つグレンは、表情が明るくなった。すぐに考え込むような顔をする。

 追加装甲に覆われていたDが、もとの丸みを帯びた形に戻った。

 薄い黄色の装甲は、あちこちが損傷していた。

「なんだ。この座標は。すぐ近くじゃないか」

 ロボットが飛んできた。円柱に近い装甲で、全長はDと同じ。

 金属光沢のある黒色。ハガネ。

 ゴーグルをしているような目元に、すこし出っ張った口元。

 Dのすぐ隣に並んで、手が差し伸べられる。

「ええ。実は、衛星級マトクスターに、ツインタイムを運び込んでいたのです」

「攻撃を受けたら、どうするつもりだったんだ。まあ、その話はあとだ」

 グレンの話の途中で、ハガネのゴーグルが開いた。

 中から銀髪の男性が出てきて、薄い黄色のDへ飛ぶ。

 銀髪のバーティバは、Dに右手を触れた。左手でハガネの手に触れている。

「修復します。これから、クサリを破壊しましょう」

 Dの胸部装甲が左右に開き、中の穴からグレンが出てきた。

 黒い短髪は、風になびかない。仮の身体なので、空気が必要ない。

 大気も海もないクサリ。

 仮の身体の、ロボットを操っている二人以外に、動くものは見えない。

「どうする? ビームで撃っても、バラバラにするのは無理そうだぜ」

 Dが直った。ケイ素生物の驚異的な演算能力によって。ツインタイムの物質変化能力を使うことで、分子構造すら変えられる。

 ハガネの物質が修理に使われていた。

 長身で細身のバーティバは、横たわるアナザーDを見ている。

「一気に破壊しなければ、ムネンにバグが生じて、何が起こるか予想できません」

「なんだって? そういうことは、先に言えよ」

 小豆色のスーツ姿のバーティバは、すこし眉を下げた。

 グレンを見つめる。

「衛星級マトクスターを反物質にして、ぶつける案があったのですが――」

「ツインタイム、っていうか、本体があるんじゃないのか? そんなの、やらないぞ」

「そう言われると思って、別の手を考えました」

 グレンが、息を吐き出す動作をおこなう。

「どういう手だ? オレ、さっぱり思いつかなくて、困ってたんだ」

「クサリの一部を反物質にして、対消滅ついしょうめつさせます」

 バーティバの言葉に、グレンはすこし考えた。

「ちょっと待て。そんなことして、マトクスターは大丈夫なのか?」

「問題ありません。さあ。やりましょう」

 バーティバの表情は真剣だった。

「ツインタイムは、運び出してるのか? というか、あれに誰か乗ってるのか?」

「問題ありません。再び、ウルフの身体が作り出されるかもしれません。急ぎましょう」

 すこし困ったような顔をしたグレンは、微笑んだ。


 宙に浮くバーティバ。クサリの、ある座標を目指す。

「クサリは、太陽の周りを公転しています。秒速、約30キロメートルです」

「それで、どうする?」

 薄い黄色のDの胸部装甲を開けて、グレンが乗り込んだ。

 両手それぞれに金属の棒を握る。口を強く閉じた。

 全方向ディスプレイに、遠ざかるバーティバが映っている。

「ワタシが、進行方向の逆を反物質に変化させるので、反対側から押してください」

「無茶言ってくれるな。クレイジーだぜ」

 グレンは笑った。

 ディスプレイにバーティバの座標が表示されている。操縦して、反対側へとDを飛ばすグレン。

 バーティバの移動が止まった。

 重力制御により移動は素早い。

 ちょうど裏側の位置で、グレンも止まった。

「準備は、よろしいですか?」

「ああ。やるぞ。ダブル! アクセル!」

 Dシリーズ・タイプAの目が強く光った。

 アレカヤシの葉のような、尖った追加装甲が現れていく。下から上へと鋭さを向ける。

 頭部も変化した。

 燃える髪が逆立っているかのごとく、荒々しい。角張ったマスクのような口元。

 重力制御装置を使って、地表と平行に向いた。

 地に足をつけていない、正反対のバーティバ。

 地表に対して平行に浮いていた。

 銀髪も、小豆色のスーツも、ネクタイも揺れない。

 左手をクサリに触れる。軽く目を閉じて、開いた。

「では、いきます」

「リミッター解除。頼むぜ、相棒!」

 すこし離れた場所に浮かぶ、銀色の球体。全長、約1700キロメートル。

 衛星級マトクスター。

 後方からの支援用。ウェーブリアクターの最大出力、1000ギガクーロン・ボルト。50基搭載している。

 エネルギーがDに伝播され、一時的に性能が引き上げられた。

 追加装甲がさらに変化。両腕に現れる光の筋。

 かがやく黄色の機体が手を構える。

 重力制御装置を全開で使う準備、完了。

 変化は一瞬だった。

 金属光沢のある灰色の星が、クサリの半分近くが、反物質へと変わった。

 コックピットに映る、バーティバの表示が消えた。

「こんな石ころ1つ、押せないようじゃ、笑われちまうぜ。そうだろ。バーティバ」

 叫ぶグレン。

 Dのスラスターは全開。

 装甲が変形。さらに上がる出力。

 重力制御を使い、進行方向からクサリが押された。

 対消滅が起こる。

 はじける光。

 とてつもないエネルギーが発生して、飲み込まれていくDとグレン。

 クサリは断ち切られ、消滅した。

 天の川銀河奪還作戦は成功。

 ムネンに囚われていた、亜地球の人々は解放された。

 いや。それぞれが地球という惑星になった。

 本当の歴史は、これから始まる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます