あなたの人生、1億円で買います

作者 壇条美智子with優月遥

8

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

 全体としては、「ターミネーター2」からアクションをすべて取っ払って、かわりに道徳的な説教話を詰め込んだようなお話。ただし、その説教も主題がはっきりしない。

 まずストーリーとして、これ、一億円という設定は必要でしょうか?

 この題名だと、さも主人公の人生が一億円で誰かに買われてしまうお話を想像しますが、実際にはそういう展開ではありません。

 本作は、時間を超えて来世の自分に会いに行く話であり、そこで何かを見つけるというストーリー。特に一億円で買われてもいないし、どっちかというと、一億円をただでもらった印象が……。
 

 主人公が来世で見つけたことが、管理された世界ではなく、笑顔のある世界が人間にとって必要であるというのなら、一億円も、キャバクラで働いている日常も、主人公のつらい過去も、さらにはオカマバーのママとの会話も、ほとんど対比、もしくはリンクしていない気がします。
 読者を楽しませたいのか、啓蒙させたいのか、そこもあやふやです。

 また、文体がしっかりしていて文学的であり、描写も大人のそれ。総じて高い教養と知性を感じさせる反面、行頭一字下げは成されておらず、「…」も二連続で使われていない。
 この辺りも、なにかちぐはぐな印象を受けます。

 大きな問題点がない反面、目を瞠る長所もない。クラスに一人はいる、印象の薄い子みたいな立ち位置で、これならいっそ、ここがダメという欠点が思いっきりあった方がレビューも書きやすいんですが、どうにもこうにも、ぼくには、作者さまの顔が見えません。

 お役に立つレビューにならず、申し訳ない。


★★★ Excellent!!!

未だ世に出られない作家さんを知っています。彼女は胸キュンの恋愛小説を書きたいし書いていますが、何とかして認められたいがために、今はやりのラノベも手掛け、好きな医療現場を取り上げたものなども書いています。この作品のような異世界ものは彼女もまだお目にかかっていないと思い、メールしてあげました。彼女もカクヨムの投稿者で、名前は榊原枝都子(ペンネームは”さかきはら枝都は”)さんです。私はだんみちさん(勝手に略して失礼)のファンと思っていますが、お二人とも応援しています。以前ブログに投稿された「無題」も良かったです。女優でフランスの映画監督と結婚・離婚した岸恵子さんをご存知でしょうか。彼女は女優になる前は作家を目指していて、その通りになっています。だんみちさんの先輩になりますが、だんみちさんのご成功を心から願ってレビューに代えさせて頂きます。