「ガンダムUC」 に思うこと ガンダムと二次創作

作者 松浦まさふみ

公式という言葉さえあればなんだっていいのか?

  • ★★★ Excellent!!!

まだUCが発表される以前にムーンクライシスを読みました。時期的にはX以降ターンA以前あたりだったかと思います。
面白くて、思わず友人にも勧め「Zのチームなら当然ですよ」が友人の間で流行るという不思議な状況がありました。

当然、そこまで読んでいるのでUCが某遺児を出すと知ったときはムーンクライシスは完全に埋もれていってしまうんだろうと思いました。

確かに、UCは旧作の色々な要素を拾い上げ、詰め込んでいき、楽しめる内容であったと思います。ですが、私の中でムーンクライシスがどうしても離れず、また某遺児を扱った上で「ガンダム」という基本フォーマットに添って話を進めるとあのような出会いしかなかったのは想像に難くありませんが、やはりご指摘のあったようにムーンクライシスとプロット上の重複が多すぎるように思います。

一時期粗製乱造されたガンダム二次創作ですが、それでも商業作品としてきちんと出版された作品を無視するような流れをこのまま一ファンとして甘受し続けるのもどうなのか、と思わされたエッセイでした。


中学生の私は、これが正史となり、ゲームにも参戦し、映像化されるのを心待ちにしていましたねw

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

セナさんの他のおすすめレビュー 3