黒き丘に煌めきあらば

作者 KOUKING

37

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 なんといっても圧倒されるのは作品世界の背景です。SFとも異世界ファンタジーともつかない独自の雰囲気が醸し出されていて、一気に物語に引き込まれてしまいました。それらを描く筆致も、精密なものとなっていて、より没入感を高めてくれます。
 また物語の展開は洋画みたいなニヒルかつクールなものでありながら、どこか泥臭さを感じさせるもので、これも他にはない刺激的な持ち味を作り出しています。
 
 
 

★★★ Excellent!!!

アメリカの西部開拓時代…よりも1世紀ほど後の物語です。にもかかわらず西部劇をほうふつとさせてくれます。

繊細で詩的な情景描写とダイナミックな魔導戦闘が個人的にお気に入りの部分で、ついつい先が気になってしまいます。

そう、このどこまでも残酷な現実世界の一端に魔導という非現実が食い込んでいるのにあくまでもそれが本当に自然な形で「現実」になっているのです。

ストーリーも重厚で大変読みごたえがあります。これからがとても楽しみです。