【詩集】テーブルトーク

作者 千求 麻也

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全115話

更新

  1. ひとりぼっちの朝食
  2. 君と僕の三行詩
  3. LOST
  4. シーミレ
  5. 本当に大切なものは離さずに
  6. テーブルトーク
  7. 出会いと別れ
  8. プランジ
  9. 虫が湧いた
  10. ダラシド
  11. 僕の秋
  12. 小便の温かさ
  13. 魔法のゴミ箱
  14. あの娘は真っ白
  15. あなたの言葉に気付かされ
  16. 僕はコーヒーを飲む
  17. ぱっぱまっま
  18. あさのはは
  19. 東京の冬
  20. 雪国ブルース
  21. ポートレイト
  22. 歩道のない道路で
  23. リデイズ
  24. 汚れた存在
  25. エスコート
  26. 年末ダイヤ
  27. 糞みたいな
  28. 始める
  29. 僕の詩は君の詩
  30. 無理しないで
  31. ひとりぼっちの台所
  32. 踏切が降りる音
  33. 日が延びる
  34. 世界を奏でる人達
  35. 甘いラムネ菓子
  36. 洗濯
  37. もうひとつの誕生日
  38. Let 's spend the after work together
  39. 桜が咲く前に
  40. 桜の公園のベンチに座り
  41. 暖かい春の土曜日
  42. 7days
  43. グッドラック
  44. May Day
  45. ミントの好きな女の子
  46. 抹茶ソフトクリーム
  47. 17と31
  48. 霊園をゆく
  49. 秋を確定する
  50. 眠れない夜
  51. お好み焼き
  52. 僕は悪者
  53. 月が満ちる 桜が散るその夜 僕は早めに髪を切る
  54. 明るく騒がしい夜に
  55. 爪楊枝が指に刺さった
  56. 夜勤明け
  57. 君と脇道
  58. 10月31日
  59. 秋の散歩道
  60. 三連休
  61. 黒いイナズマ
  62. 再配達
  63. いつもの春
  64. あったか~い
  65. ちょうちょうとはな
  66. リモート
  67. コーヒーカップの中
  68. 夏の匂いがして
  69. 夕方の街並み
  70. 夜の紫陽花
  71. 僕は求めない
  72. この街に
  73. 強い気持ちはいらない
  74. 詩人きどり
  75. にわか
  76. ジリジリジリ
  77. 夏の途中
  78. 夏が終わる気配
  79. 西武線に乗って~セミなんです~
  80. セミの回転
  81. 夏の残り日
  82. くしゃみ
  83. 金木犀がまた
  84. 手のひらの現実
  85. 日の光
  86. 君に伝えたいこと
  87. いっぱいの愛
  88. テーブルの花
  89. タイムセール
  90. 何を言っても
  91. 1年
  92. 一億二千万光年のイカリ
  93. おいしいコーヒー
  94. ドアクローザー
  95. 春が来る
  96. Each other
  97. やること
  98. 幸せな帰り道
  99. 昼寝
  100. 戦争を知っている
  101. 春の風景
  102. あなたに会いに
  103. 春色の空に
  104. 春よ来ないで
  105. 四月は君の生まれた月
  106. 手を握りたい
  107. 飛行機雲を見ていたかった
  108. サドルを替えた自転車に乗って
  109. もうシェアなんてしない
  110. 僕のバイクでは
  111. 窓を開けても良い頃だ
  112. 彼女の憧れの果て
  113. おおきいたんぽぽ