甲子園に棲む魔物

作者 RAY

86

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

高校野球を見ていたら誰もが目にした事のある突然の乱調や失点。そんな甲子園に棲む魔物について一人の高校球児の視点から語られます。

果たして魔物は実在するのか、最期まで読んだ時その意外な結末に驚かされます。

★★★ Excellent!!!

甲子園と言えば、高校野球。
大会常連の強豪校でレギュラーなら、華やかな未来も夢ではなさそう。
そして、彼の場合は……?

作品を通して流れるように続く、静かな緊張感。
そして最後に訪れる『衝撃』。

いろんな意味で、本当にすごいなあと思いました。
とっても面白かったです♪

★★★ Excellent!!!

ある高校球児の、甲子園に棲んでいる魔物に迫るストーリー。
やはり魔物はいたんですよ!
その魔物とは……

とても繊細な描写で、読み始めると心をつかまれ離しません。
そして変化球、この展開大好きです☆彡

★★★ Excellent!!!

投げた! 打った! 捕った!
球場で繰り広げられるメイクドラマだけが高校野球の醍醐味ではない。その裏側で暗躍する諸々のファクターがあってこそ、表舞台が華やかに彩られるのだ。
本当に存在した『甲子園の魔物』は、意外なところで球児たちを見守っている……その発想が飛び抜けて面白いです☆

★★★ Excellent!!!

高校野球の、「魔物が住んでいる」というテーマの作品です。息をひそめて読んでいたので、最後のおちで、笑わせてもらいました。高校野球が好きな方には、ぜひ、おすすめします(笑)。