深海オペラ:prototype

作者 カムリ

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

眠れなかったので少しだけ暇つぶしに読もうとしたら夜が明けてました。青春の苦さ甘さ、あのころの自分の心情にも思いをはせられる傑作だとおもいます。

キャラだって少しだけ変わっているかもしれないけど心の機微は紛れもない生身の高校生。その愛らしい表情や苦悩にあえぐイメージがあまりにリアルな実像を伴って迫ってきました。

自分はあまりこういったボーイミーツガールものは読まないのですが、これを機にあたらしく読書の幅が広がった気がします。まだこの作品を読んでいない人にはぜひ立ち寄ってほしいです。

★★★ Excellent!!!


静かな海底に居る様な感覚。

ただその静かな時間の中で感じる圧はさながら深海の様相を示し、生きた化石と称されたシーラカンスの少年に、深海にてその目を光らせ、獲物を捕らえるさながらボウエンギョの様な少女が織りなす日常は、特別性を秘めた可能性と得体の知れない焦燥感が混在する青春そのものであり、この作品は若くないと書けない、今だけの物語としての輝きを秘めています。
間接的な表現もくどく無く、言葉短でも読者の心に沁みる厳選された言い回しは正しく小説書きの卵。作中に倣えばゆで卵とした方がいいかも知れませんね。一癖ある先輩と後悔に沈む後輩の結末や如何に?

まだまだ実力を秘めた若き逸材にエールを。