棄教

作者 キロール

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

易々と手離せるはずがないもの。

考えるほどに深みにはまっていく気がします。棄てる、という言葉が何回も頭をぐるぐるとして、棄てるってなんだっけ、そう簡単に棄てられるものだっけと思い返したり。
棄教、というタイトルから膨らむ想像と、想像を絶する葛藤。何かを棄てるときは未練などが生まれてしまうものですが、三人の手記から推察される棄てるものの重みを考えると、この世界がいかに絶望的か、噛み締めてしまいます。

★★★ Excellent!!!

手記の形を取っている読み物って、わくわくします。
革表紙の手帳に、意味深に挟んでおきたくなるような短編です。
続きを読むのが恐ろしいような、楽しみなような……。

内容は間違いなく悲劇なのですが、
語られない部分が想像力をかきたてます。
アルデア真書によって女神に対してわずかな疑念を抱いてしまった彼女の心。棄教、というタイトルから、それは単に信仰の問題として読み進めていましたが、その最期のあたりを読んでそれがそうでもないんじゃないか……信仰者であってもひとりの人間なのだ、というふうに捉えると、生々しい辛さを感じました。

(コメント欄より)続きを考えておられるとのことで、もしも書かれることがありましたら、ぜひ読ませていただきたいです。