彼女と石巨人

作者 小野 大介

54

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 遺跡を守る石巨人とトレジャーハンターという、ファンタジーでお馴染みの設定から始まる童話です。
 心躍る冒険があるわけでなければ、胸を締めつけられる悲しみがあるわけでもなく。淡々としているようでいて、でも二人のあたたかな心の交流が、穏やかで優しい気持ちにさせてくれる。そういう作品です。

 淡い色や縁が優しい線のイラストの挿絵が似合いそう……。

★★★ Excellent!!!

まるで童話や詩のような雰囲気で描かれる、一人の冒険者と石巨人の物語。短い文章の中で、ファンタジーな世界観、悠久の時の流れ、冒険者の人生などを優しくも壮大に、表現していると感じました。永久ともいえる長い時間を生きた石巨人にとって、彼女と過ごした日々は、日帰りの冒険旅行ほどの期間だったのかもしれませんが、きっと一番輝かしいひと時だったはずです。

★★★ Excellent!!!

短いシナリオながらも魅力溢れるキャラクター、ワクワクさせる世界観、もっと読みたくなるが無駄なシーンを重ねることなく丁寧に書かれた物語。まさに傑作短編ファンタジー。

読後感も素晴らしく、良質なファンタジーってこういうものだよな、と再認識させられました。

読んでよかったなぁ、と心から思える一作でした。