キューピッド新陰流 恋の五寸釘

作者 西紀貫之

60

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

…としか割と言いようが無い。
細かい感想は各話の応援コメントに譲るが、正に武道と変態の描写に置いては、天才と紙一重の究極狂人(褒め言葉)。
武道と変態の描写においては、紛れもない一流中の一流。
シリアスな武道と比しても、この小説は武道だけならばその描写において上回ると言ってもいいだろう。

★★★ Excellent!!!

マジ基地(誉め言葉)

マジ基地(念押しの誉め言葉)


読み終わった爽快感に反して中身はとてつもなく突き抜けたド変態五寸釘チャンバラ小説。拝読いたしました。

人間は突拍子のないものや知識や倫理観を超えたものを見ると放心してしまうということですが、本作品は変態を描いた商業作品「変ゼミ」に匹敵するほどの変態パワーをまき散らしながらも、剣劇小説や武侠小説など(一部ニ〇ジャスレイヤー)の深い理解と高度な筆力で描かれた「Oh……どうしてこうなったんや……お医者様は匙を投げたのか」と作者の脳みそをかっぴらいて見てみたいと思えるものでした。

何を言っているか解らないと思いますが私もわかりません。しかしながら高度な創作力と有り余る変態力、そして経験深い鮮やかな筆力がなければ成り立たない白刃の上を盆踊りしながらなぜか渡りきるようなまとまり具合が素晴らしい小説でした。

こちらの世界の認識が瓦解して奈落の底に堕ちながら空中でブレイクダンスを踊りたくなるような素晴らしい作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!


 高度な文章表現によって描かれる、最低に下品な作品……なのだが、なんだこの剣戟の緊張感は!

 しかも内容は、各話ごと、天使と剣士の一騎打ち。二人の対立者には、戦わなければならない理由がきちんと存在している。ま、世間一般の人には理解不能な理由なのだが。

 カクヨム運営が絶対に書籍化に踏み切らないであろう内容! いや! カクヨム運営が絶対に書籍化に踏み切らないと信じたい内容!

 ピンと張った緊張の斬り合いから、一瞬で下ネタへオトす技術は、まさにWeb小説の斬釘截鉄!

 しかも、最後、なんか綺麗に決めてるし(笑)。

 ざっくり斬られました!

★★★ Excellent!!!

キューピッドが登場~と思っていたら
洋なんだか和なんだか…(笑)
しかしこのキューピッドさん、強いなぁ~。
まるで仕事人のようです。
彼女に依頼を出すにはどうしたら良いのか!?
ブルマの剣士のピンクな今後も気になります(^^)
短編ですが、ずっとニヤけが止まりませんでした。とても面白かったです。
早く次の犠牲者…いやいやターゲットが読みたいです。