よくわかるカクヨムルビの使い方講座(ゲス顔)

作者 ちびまるフォイ

52

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

まさにルビの使い方の講座(笑)
朝から笑ってしまって端から見たら変なやつ認定でしたw

確かにと笑いながらも、どことなくも青春の一ページの風景かな?と思いつつ、こーいうのなんだかいいな!と感じました!

短編で読みやすく面白い、そんな物語でした!

★★★ Excellent!!!

――

本作品にはルビの本来の活用方法が掲載されております。

よくある間違いとして、ただ難解な漢字を使った必殺技にオリジナルの原型を留めていないルビを振り格好良く見せる、などがあります。
これらは間違った使用方法であります。(私も恥ずかしながら多用していました)

本来ルビとは作者の描く世界をより情景豊かにする為、より読者を物語に浸らせるルビ。
単なる補足や作者の自己満足に終わってはいけません。

私はこの作品を拝読し、一話完結のこの物語が言葉以上に語るルビに、もう一話分のストーリー読んでしまったかの様な錯覚を覚えました。

皆さんも本作品を物書きとして一度は拝見する事を強くお勧め致します。

★★ Very Good!!

――

まあどっちも「本心を記載する欄」としてルビを定義づけてるわけですけど、そのあり方には二種類あって、ひとつは「言葉とは裏腹な言葉」で、もうひとつは「陰謀」なわけですね。で不思議なことに、本心の吐露はすんなり読めるのに、陰謀の暴露はすごいタブーを犯している感じになる。なんでですかね。面白いなぁ。

とにかく破綻なく(?) 二つの物語が進行してるのは見事だと思いました。