どちらかと言うと悪い魔法使いです

作者 はな

515

194人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

不良の善行、犯罪者の涙、不審者の優し気な笑み、ドSからの褒め言葉

しかしながら、そういった意外な一面に惹かれるというのはひとえに「その一面を私だけがしっている」というような独占感やら希少価値やらが入り乱れた末の勘違いである場合が多いです。

不良は不良だし、犯罪者は犯罪者。
そういった現実を受け入れずに一方的に期待を寄せて惹かれればどうなるか・・・

期待が高鳴ります。

★★★ Excellent!!!

普通に読むと、最低クズの主人公のバカ話でしかありません。
しかし、時々垣間見える闇や優しさを深読みすると全ての印象が反転してしまいます。
でもやっぱり最低クズ人間なんです。
でも凄くて優しいんです。
段々どっちが本当の主人公なのかわからなくなります。
今レビューを書いている私もどっちなのかまだ分かりません。
これは完結まで読むしか無いね!!!

★★★ Excellent!!!

いかにも日本人的なあいまい表現の題名にして、中身は非常にくっきりとした世界観を持っている。

ガチロリ変態野郎にして、女好きで最低な奴だが、天才魔術師、愛すべき主人であり、師でもある。

私的な印象だが、残酷描写については極力最低限な表現で止めていて、そこに好感が持てる。

好きですよ。