神社には今日も呪詛神様がいる

作者 淡島かりす

11

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

常駐者のいない神社に派遣される渡り巫女と、少年の見目をした呪いの神様の物語。
メインキャラ2人のデコボココンビな掛け合いが、読んでいて楽しい一作でした。
『呪い』という物騒な題材を扱いつつも、同時に優しさも感じるお話です。呪いの神のクロからして、巫女のれんこをぞんざいに扱うなどしながら、本当のところは……? つまりひねくれたツンデレかと言えばそこは神様、そんな簡単な話でもなく。作中のミステリに関わるにあたって、人間とは明確に異なる価値観を見せる様が面白い。呪いと一口に言っても、そう一筋縄ではいかないということですね。
主人公のれんこも、礼儀作法を修めた立派な巫女さんだけど、いろいろと年相応に女の子女の子してる所が魅力的です。

一話一話が短めなこともあって、肩肘張らずに読めて、しかも癒される。
日本らしい情緒溢れる現代ファンタジーとして、是非お薦めしたいです。

★★★ Excellent!!!

神社に参拝した同級生の願い事を、派遣された巫女が神社の代理神様と一緒に叶えてあげる話です。
さくさくと読める現代物。謎解き要素あり。

軽いノリで呪っちゃえと勧める神様のマイペースっぷりが素敵です。そんな彼に反発しながらも反抗しきれないれんこさんとのコンビが、良い味を出しています。
終盤の解決方法が、さすが呪い慣れている神様だと思わせました。
もし続くのであれば、他の神様との絡みも見たいところ。

ところで。にゃんこ火、私も欲しいです。