もしもし?こちら王立海軍要撃隊です!

作者 ながやん

第21話「陛下の目となり、耳となり」」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  女王と心をひとつにするウルスラの人々、その温かさにじ~んとします。この善意が悪意に踏みにじられるのは耐えがたいですね
     しかしロシア軍は難民に偽装した中国軍を攻撃してどうするのか…ウルスラと戦争をしているのは同じでも味方という訳ではないのか、それにしても……何か複雑な背景がありそうですね。
     エディンさんも駆けつけて、この局面がどうなるのか楽しみにしています!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!ウルスラ王国、国民も頑張ってます。みんな、基本的に王室が、オーレリアが大好きなんですね…こういう国は現実だとちょっとないですが、これもまたオーレリアの守りたいものなんだと思います。そして、偽装難民も厄介なら、それを攻撃し始めちゃうロシア軍も厄介…相手も一枚岩ではないということですね。この辺の事情も、次回語られる予定です。ウルスラ王国には「なんかすげーもんがあるらしい!」ってんで、世界中から攻められてますが…どうなる、小国VS全世界!続きもお楽しみに!

    2018年3月9日 05:15

  • 国民が格好いい、偽装難民の中国とそれを襲うロシアか裏で手を
    握ってそうな感じがしそう。

    陸からも空からも狙われるウルスラをどう守るかが、気になります。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!実は、難民問題は、それが偽装難民(難民を装った軍隊やテロリスト)であることもふくめ、ナイーブな問題だと思ってます。難民になりたくて「俺が難民じゃー!」って難民やってる人は、いないんですね。皆、できれば生まれ育った土地で生きていきたい、でも戦争や差別、弾圧でそれができない…だから難民になる。ウルスラ王国に押し寄せる難民は、作中の中国の「難民として軍人を送り込む作戦」だけど、ウルスラ国民には関係ない。綺麗事ですが、炊き出ししてる人は笑顔で迎え入れたいと思ってるんです。そういう人を守りたいと思うオーレリアの気持ちは、個人的には我々の現実にもあってほしいものですね。

    2018年3月8日 22:45