もしもし?こちら王立海軍要撃隊です!

作者 ながやん

第14話「裏切りのシヴァンツ」」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  ハバキリのパイロット、シヴァンツの息子だったとは!

     シヴァンツ、死んだ奥さんの身代わりに兄の方の息子を。想像以上のクソ野郎でしたね……しかし、本心かどうかはともかく「無条件降伏こそ民の命を守る」というのはその通りで、また難しいですね。
     国土を裂かれ、近しい人と離れ離れにされて、占領国のモラル次第では他にもどんなヒドイ目に遭うかわからない。それでも戦争して死ぬよりは……命と尊厳を秤にかけて、誰もが尊厳を取れるとは限らないわけですし。

     とはいえシヴァンツも各国も不愉快ですね!
     創作としては単純に姫様が正義でいいです!
     姫様がんばって!

    作者からの返信

    コメントありがとございます!前々から胡散臭い、すげえ裏切りそうと評判だった?シヴァンツさんがついに本性を表しました。そして明らかになる、ウルスラ王国の秘密…百年前からずっと、いろんな国がウルスラ王国を巡って暗躍、密会し、最終的には話し合いが破綻して全員で新型爆弾投下という惨劇を招きました。そして、今でもすべての国がウルスラ王国に秘められた巨大な力を欲してます。そんな中、シヴァンツが上手く立ち回って無条件降伏、これは一番人死が少ない解決方法でしょう。しかし、オーレリアが言うように、民の命だけが保証されればOKとは言えません。暮らす国、民族としての文化、平和な日常、そして故郷。これを全て守ってこそと、彼女は考えているみたいです。勿論、戦いは本位ではありませんが、民のために戦わなければ、命以外を全て奪われた民はよりどころを失ってしまうでしょう。難しい問題ですし、シヴァンツが100%悪くて間違ってるとも言えないんですよね。引き続き、過酷な小国VS全世界の物語り、お楽しみに頂ければ嬉しいです♪

    2017年10月16日 10:11

  • 悪家老というのは何処にでもいるもんですね、ヨハンは尊いです。
    ハバキリも少年パイロット、良いライバルですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!シヴァンツ、ついに袈裟の下から鎧を出しました。ぜってーコイツ裏切るアレだ!とお思いの皆様、お待たせしました。そして、ちょっと明らかになるウルスラ王国の秘密…全世界が欲しがる何かがあるんです。ハバキリのパイロットであるセルジュも登場で、ますます小国ピンチな状態ですが、次回もお楽しみに!

    2017年10月12日 05:45