もしもし?こちら王立海軍要撃隊です!

作者 ながやん

第11話「戦争が聴こえる」」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ようやく追いつきました。
    平行世界近未来戦記
    面白いです。
    これからも購読させていただきます。
    考えてみれば、アメリカ海軍って、海兵隊って最強の陸戦部隊を持ってたり、実は艦載海軍機F18がF16やF15より格闘戦能力が上だったり、オールマイティな実力がありますよね。
    世界から狙われる謎の理由もワクワクするし、人物も魅力的!
    楽しみです。

    最後に国名がなんでドイツ圏のモブキャラっぽい少女みたいなのか、不思議に思ったのですが、
    「あ!英語読み…」
    これからもウルスラ国の歩む修羅の道、期待しております。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!ご高覧いただき、感謝!昔、ネットで「海がないのに海軍あるのはおかしいって言ったロシア大使に『あなたの国にも文化庁があるでしょう』って言い返した国があった」って話を見て、まず海のない国の海軍という物語を思いつきました。そこから、架空の2044年、そして1945年に謎の会談と新型爆弾大量投下があった舞台、可変戦闘機ロボと主人公達を繋げていった感じですね。こんなにお褒めいただいて嬉しく、また気恥ずかしくもあります(笑)これからも楽しく読んでいただけるよう、がんばります!

    2017年9月6日 08:08

  •  いよいよ戦雲が垂れ込めてきましたね……!
     それにしても各国がウルスラを狙うのはなぜなのか……
     宰相の動きも怪しいですし、気になることがいっぱいです。
     これからどんなことが起こるのか、楽しみにしてます!

    作者からの返信

    コメントいつもありがとうございます!1945年、大戦終結を前に各国首脳が派遣した政治家達が、何故かウルスラ王国で謎の会談…そして、あらゆる国が「交渉決裂したっぽいから」と、みんなして新型爆弾を落としまくった国。さあ、なにがあるのでしょうか!?まだまだ全然見えてこないですが、なにやら超大国が欲しがりそうなものがあるらしいです。ちょっとオーレリアとリシュリーの思い出話なんかで触れてますが、今後をお楽しみに!そしてシヴァンツ宰相は、みんなが「手前ぇの血は何色だあああっ!」て思えるような悪党に書きたいですね。お楽しみに!

    2017年9月5日 18:59

  • まさに恐ロシアですね。

    作者からの返信

    早速のコメント、ありがとうございます!今回は少し中休みみたいなエピソードであると同時に、個人的な理由でロシアの話もからめてみました。まさに恐ロシア…北方四島は上二つが9月2日以前、下二つが9月2日以降に取られたと記憶しています。玉音放送のあとで組織的な抵抗が困難な中、北方四島では大変な戦いがあったとか…その真実はあまり語られず、実際どうだったかも検証されないままです。そのことを知るきっかけになってくれれば嬉しいですね。あと、いよいよ量産機も出て来て、本格的に戦争が始まりつつあります。次回もお楽しみにです!

    2017年9月5日 16:34