京都の物語り

作者 市永剣太

60

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 修学旅行で行った事がある程度の自分がレビューします。
 抱いていた京都のイメージは

①お寺がいっぱいある
②舞妓さんがいる
③言葉が独特
④漬物が旨い

 といったところでした。

 しかし本作を読ませてもらうと、学校で習った歴史教科書や有名な伝記、物語に出てきた名がちらほら見かけられ、裏話的なのもあって「そうだったのか」と興味をそそられます。もちろん、全く知らない人の名も出てきましたが、しっかり説明してくれているので気になりません。
 昔の出来事と今を絡めて、紹介しているところは本当に観光ガイドみたいですね。少し興味がある方は読んでみると行きたくなるかもしれません。
 ただ訪れて雰囲気を感じるのも良いと思いますが、こちらを一読されてから行けば、きっと過去に思いを馳せながら現在も楽しめるのではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

京都の歴史的な建物や面白い場所がたくさんある中、そのひとつひとつに色々な経緯があって、いろんな人々が関わっていて――ということが描かれていて、読んでいるだけで楽しめます。

それとともに、こんな風に歴史的な建物などを観ることができたら、きっと観光中に見える景色も違うのだろうなと、憧れてしまいます。

読後、実際にその場所に行ってみたいという気持ちになること間違いなしです。

★★★ Excellent!!!

京都の歴史や事細かな部分にまで触れてかなり読みやすく纏められております。

へーそうなんだ!と新たな発見もあり(私はそうでした)

京都に行ったことのない人も、歴史が苦手な方も、これを読んだら日本史が好きになるかも知れません(*´ω`*)

これは京都が好きな方必見ですよ♪
素敵な読み物に出会えて満足です。

これからも京都の魅力を沢山追加して下さるそうなのでまだまだ楽しめますよ!