戀物語〜あなたといく

作者 十五 静香

51

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ここで終わってしまうのが勿体ない。
この後は何が起きるのか。恐らく過酷な、残酷な話があるに違いない。
そしてその後に二人が乗り越えて行くに違いない。
小生はこの話の続きを強く所望する者である。

やはり戦前の時代を書かせるとこの作者様は安定感が抜群です。
とは言え、難しい表現も使っていないので非常に読みやすい。
現代とは違う時代の雰囲気を味わいながらお読みください。

★★★ Excellent!!!

――

すっと入ってくる硬質な文体、しかし内容はいちゃデレか……と思いきや、絶妙なタイミングで物語が終わるので、この後の解釈は読者に大きく委ねられるものだと思います。
私の解釈は平穏を願う祈り、それでありました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

他の作品もそうですが、この作者様の作品はどれも安定感が抜群で、どのような物語でも(どのような難しい筋でも)軽々と着地してしまえる、また着地するであろうと思えますので安心して読めます。
作品に関しましては、1語ると全て分かりそうなので語りませんが、とても素敵な発想の物語であったとだけ。

どのような結末に導くにしても、しっかりと着地できる。
これは才能というより、経験に裏打ちされた知識量の豊富さなのではないかと感じました。
そこに才能が合わさるので、結果は言わずもながですね。

自信を持ってオススメできます。

⭐⭐⭐

★★★ Excellent!!!

――

拝読して時間が経っておりますが、このタイミングで書かせていただきます。

しかし、読み終えた今でもこの不安な気持ちは変わりませんね。
そして深く考えさせられる。
戦前というだけで不穏なのに、また別の恐怖というか……この大胆な終わり方、くせになります。
あまり語れないのがもどかしい。

色々とぶちまけたい思いはありますが、ぐっと堪えておきます。

★★★ Excellent!!!

――

完結してる……。

え。上げて落とすタイプなの?
と思ってしまった作品です。
ただ、十五静香さまの作品は、戦争が始まる前とか、突入する前だとか、この先に待っている何かがある、と感じさせるところで章や物語が終わることが多いです。
結果をはっきりと書かないけど、文脈から読み取れる構成になっていてこれは読了後、深く考えさせるものがあります。

この先に待っているものは……。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました