つまり、雑念の沙鳥さん。

作者 関根パン

771

275人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まだまだ途中ですがレビューさせて頂きます。
くすっとなる笑いが散りばめられていて、楽しい気持ちで読ませてもらいました。
一話完結なので、どこからでも読めていいですね。
毎朝の通勤通学途中に、一話ずつ読みたい感じ。
作者さまのセンスの良さが、ひしひしと伝わる
作品かと思いました。

どんなシチュエーションでも、書き手しだいで面白く出来るんですね。勉強になりました!

★★★ Excellent!!!

テレパシーで繋がる男女の交流がテーマです。
地の文を極力出さないテレパシーでの会話がメインの内容ですが、正直面白いです。
笑いの中にも、ためになりそうな内容が含まれていて、「へえー、これまた知識の引き出しが広がったなー」と思うばかりです。
私自身、コメディー主体の小説はあまり目にしないのですが、この作品は難しい設定もなくて読みやすく、1話完結という展開にも心を惹かれました。
読み手だけでなく、コメディーを書く方にも読んでほしい作品でもあります。
どんな年齢層が読んでも分かりやすく、物語のスムーズな流れなども勉強になりますね。
久々に手に取って読みたいコメディー作品に出会えたような気がします。
しかもこの作者さんはプロの作家さんみたいですね。
道理で文章で心を掴むのが上手いわけです。
素敵な作品をありがとうございます。
これはポチり確定です♪

★★★ Excellent!!!

ショートショート。
僕と沙鳥さんの脳内コント。

それは壮大な世界観でもなく、登場人物も常軌を逸した、というほどでもない。
どこにでもありそうな教室や、廊下。
しかしささやかなテレパシーを使える沙鳥さんがいるので、一味違った世界になる。
本作の明確な長所は「会話」---という事になるのでしょうか。
こういったものを書きたいという、私にとっての理想形のひとつです。

★★★ Excellent!!!

面白すぎて、腹筋が鍛えられると思いました。
メインのキャラクターは二人で、主人公の芯条、そしてタイトルにもなっている無口な清楚系女子、沙鳥さんだ。
彼ら以外にも、個性的なキャラクターがいる。どれも変な人たち(笑)

話は主に二人のテレパシー会話。毎度主人公が悲惨な目にあってしまうんですよね。
もう、沙鳥さん面白すぎ!

こんな日常、めんどくさいけど味わってみたい!
清楚系女子とテレパシーしたい!
授業邪魔されたい!(え?)

腹筋を鍛えたい方にオススメです。

★★★ Excellent!!!

日常✖️異能力、超能力、魔法、魔術、超常の力……日常系の一コマにちょっとのスパイスを加える物語は沢山ありますが、このお話は少し違います。
無益な争いも有益な戦いもありません。殺人事件はドラマの中だけです。幼馴染はチビでお馬鹿です。登場人物は皆変な人達です。
このお話はただ喋るだけ。部室でも私室でも青空の下でもなく、教室で。
二人の距離は教室一つ分。近すぎず、遠すぎない。斜め前から聞こえてくる雑念の数々、心地よくもあり、『僕』の目下の悩みでもある。
ツンデレではなく、頭の中だけデレる新しいヒロイン。
パスデレ?の魅力を、是非御賞味あれ。