なぜ嫌いだった猫を好きになれたのか

作者 λμ

37

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

なんというか、ニヤニヤしながら読んでる。
多分、周りが見たら二、三歩引く。
でも、それで良い。
だってニヤニヤできる作品だから。

とにかく、このニヒルかつユーモアに溢れた語り口の軽妙さ、加えて猫と子供のいる情景のリアル感。
これはまさしく、作者のλμさんの筆力の賜物でしょう。
短編の良さが存分に活かされています。

そして、猫好きならみな思うだろう、そう、それ!というあるある感。

猫派なら読むべき。
犬派なら読んで猫派に鞍替えすべき。

そんな作品。
面白かったです。
あと、オチも好き。

Good!

――

 猫と男性のやり取り(?)が面白い作品です。いや、猫は言葉を発するわけではないのですが。小生も猫を飼っているので、「分かる!」と思わずうなずきながら読んでしまいました。
 文章が読みやすく、男性の独り言(?)形式で進んでいくので、すらすらと読み進めることができます。