僕がプロデュースする4人の軽音女子

作者 生島いつつ

142

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

俺はすべてのバンド映画は傑作だと思っている(ちなみに潜水艦映画も)。

『ドアーズ』『あの頃ペニーレインと』『バンディッツ』『リンダリンダリンダ』『アイデン&ティティ』等々。

メンバーが格好良く、音楽が決まれば、もうそれだけで映画としては「ハズレ」ない。
そして、そこではたいてい恋と青春が描かれ、メンバー間の友情と確執が描かれ、大きすぎる夢と挫折が描かれる。
傑作になるべき要素が、すべて詰まっていると言ってもいいだろう。

では、ひるがえってバンド小説はどうなのか?
残念ながらビジュアルもないし、なによりも音楽がない。
音楽が聞こえないのに、バンドを描こうとするなんて無茶もいいところだぜ…

というところで、本作『僕がプロデュースする4人の軽音女子』を紹介したいと思う。

まず主人公である大和の立ち位置がいい。バンドのメンバーではなく、女子高生4人のガールズバンド『ダイヤモンドハーレム』のプロデューサー。

プロデュースする、というとなんだかうさんくさい匂いがしてしまうが、大和はメジャーデビュー寸前まで行ったバンド『クラウディソニック』の元メンバー。
いろんな楽器をこなせる人で、軽音女子4人たちに、それこそいちから演奏を教えることができる。

そして『ゴッドロックカフェ』というバーの若きオーナー(祖父から引き継ぐ話も泣ける!)でもあり、練習場所の提供から、デモ音源の作成、ライブ出演までのスケジュールまでこなせる頼もしい大人なのだ。

しかも作曲能力もあり、業界大手のレコード会社から依頼を受けるところから、大和の物語は始まる。

始まる、といま書いたが、これは重要なポイント。
本作は「一度はメジャーデビューの夢に破れた」主人公が、再び音楽業界に戻っていく話でもあるからだ。

つまり軽音女子4人をプロデュースすることによって、かつて破れてしまった「自分の夢を叶えようとする物… 続きを読む