エピローグ

卒業式

『琴吹高等学校 卒業式』




 とうとうこの日が、来てしまった。

 今まであった全てのことが、「過去の思い出」になってしまうその時が。

 去年の4月、最後のクラス分けで桜川とは別れてしまい、ほとんどどころか多分1度も会話をした覚えがない。

 それでも、まだ向こうはあの「約束」を、憶えてくれているのだろうか。

 それ以外にも、たくさんの思いを胸に抱えながら、式場の体育館へ向かった。




 ******




「在校生、送辞」


 桜川の後を継いで生徒会長になった……この前選挙があったからもう前職だろうか、菊池が壇に立つ。

 その背中は、前よりも少し「らしく」なっていた。


「3年生の皆さん、この度はご卒業おめでとうございます。つい先日まではあいにくの天気でしたが、今日は穏やかな晴れ間となり、このめでたい日に——」


 菊池には申し訳ないが、送辞の内容は途中から忘れて物思いにふけっていた。

 なんだかんだとあった6年間。

 後半の半分弱が恐ろしく濃ゆかったせいで、中学のときの話はなかなか思い出しづらい。

「席が隣だったから」という理由で生徒会役員にさせられたり。

 任命した張本人たる、生徒会長兼クラスメイトの女子が実は男子だったり。

 生徒会室でいきなり脱ぎ始めたもんだから、色々と驚かされたり。

 男装すると滅茶苦茶不機嫌になったり。

 都合のいい時にだけ女子アピールをしたり。

 夏休みに生徒会で合宿したり。

 学祭のときは……まあ、色々とあったな。

 それから。

 修学旅行で、告白されて。

 俺はまだ、何も答えを返していない。

 気がつけば、菊池の送辞が終わっていた。

 ――ということは、つまり。


「続きまして、卒業生答辞。卒業生代表、桜川真」

「はい」


 久々に聞いたような、桜川の声。

 その背中は一切の緊張を見せること無く、堂々たる風格で壇へと登った。


「校庭の桜も、つぼみに色を付け始め、春の訪れを感じるこの日、私たちは琴吹高等学校を卒業します」


 おなじみの言葉から始まっていく、6年間の総決算。

 勉強のことから、部活や毎年の校外学習まで。

 間違いなく全員の脳裏には、種々の思い出が蘇っていることだろう。


「クラスが全力で競い合った体育大会、皆が一つになった文化祭。そのすべてが、大切な思い出です。この……」


 唐突に、桜川の声が震え出した。


「こ、の……」


 感極まって、声が出せなくなったらしい。

 周囲からは、「頑張れ!」の声と、時折拍手が響く。

 それでもなかなか、次に進めないようだった。

 そして俺はというと、何かを叫びたい気持ちでいっぱいだった。

 俺の席は何故か壇上ド真ん前。声をかけるにはある意味でベストポジションである。

 しかしそんなことをする勇気はないし、というか悪目立ちしたくない。

 内心からくる衝動を抑えようとして、静かにパイプ椅子の座面を掴んでいた。

 声援は少しずつ大きくなる。

 それにつれて、俺の衝動も膨れ上がっていく。

 とうとう手でメガホンを作り、叫んだ。


ーー! 泣けーー!!!」


 やっちまった、と背中で大量の発汗を感じる。

 そして壇上の桜川はというと……。

 いつの間にか壇にあったスタンドをひっつかみ、涙を浮かべながら俺をにらみつけていた。

 大きく息を吸い、マイクに向かって叫ぶ。


「……カイト君の、ばか、ばか、ばーーーーか!!」


 それを聞いて、俺は。

 ふっ、と胸の中がスッキリした気分になった。


「何でこんな時に言うの!? 1年もろくに話しかけてくれなかったのに!!」

「今それを暴露するところじゃねぇだろお前!?」


 卒業式、しかも祝われる当事者だというのにこのざまである。

 途端に、会場から笑いが沸き起こった。


「式終わったら覚悟しておいてよ!」

「それはこっちの台詞だ、バカヤロー!」


 ふん、とようやく校長先生の方に向き直ると、さっきまでの涙はどこへやら、笑顔で答辞を続けた。


「この6年間の経験や思い出、ここで出会えた仲間は、宝物です。琴吹を巣立っても、この学校の卒業生であることを誇りに、これからの人生を生きていきたいと思います。令和7年3月6日、卒業生代表、桜川真」


 一礼をして、万雷の拍手と共に壇を降りた。

 その途中で俺と目が合い、思いっきり頬を膨らませやがったが。

 ……可愛いかよ。




 ******




「カイト君」


 式が終わり、帰り際に桜川が俺を呼びとめた。


「ねぇ、最後に生徒会室寄らない?」

「ああ、いいぞ」


 昇降口へ向かっていた足を、生徒会室へ向ける。

 部屋の鍵は、まだ開いていた。


「ここで2人になるのって、結構久しぶりだね」

「そうだな」


 最初から2人きりになったのは、桜川の正体を明かされたとき以来だった、と思う。


「なあ、か? 修学旅行の……」

よ、だから答辞のときああ言ったんでしょ?」

「よくもまぁ、そんなところまで」

「そりゃ覚えてるもん、だって……『忘れないで』って、約束したじゃん。待ってるって」

「そう、だったな。約束、ちゃんと果たすぜ」


 改めて。


「今まで、待たせて悪かったな。本当は、ずっと考えてたんだ。いや、逃げてた時も、あったかもしれない」


 俺の言葉を、桜川は辛抱強く待ってくれた。


「でも、さっきようやく答えが出せた。本当はもっと早く出せば良かったんだけどな、悪かった」

「そんなこと、ないよ」

「お前、あのとき引っぱたいたろ。あれ痛かったぞ本当に」

「そういえば、そうだったね……うん、思い出した。アレはカイト君が悪いね」

「お前よぉ……」


 変わり身が早すぎんだろ。


「あのときから1年、待たせたな」










、お前のことが好きだ」










「昔、言ったよな。お前が親父さんと喧嘩したとき。『男でも女でも、どっちでもいい』って。それは今でも変わらない。お前が好きな生き方をできるように、俺が一緒にいてやる。むしろ、一緒にいさせてくれ」


 桜川は、その答えを聞き終えると。


「カイト君、ありがとう。も、カイト君が好き」


 コイツは、何故か俺と2人の時だけ女っぽい口調になるのた。

 だがそこが可愛らしい。

 笑顔満開の真を、俺は思いっきり強く抱き締める。

 その時の笑顔は、1番輝いていた。

 どちらからともなく、無意識に、唇が重なって。

 恋人の味は、とても甘かった。

 息が詰まりそうになったところで、体を離す。


「さてと、帰ろうぜ」

「うん」


 どちらから言うまでもなく、手を繋ぐ。

 校庭に出ると、ひと吹きの風が学校を駆け抜けていった。

 早咲きの桜を、真っ青な大空へと舞い上げながら。










 Fin.

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

パラディーゾ! 並木坂奈菜海 @0013

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ