流星群と向日葵の春

作者 岩井喬

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

過剰な親の期待が子どもの心を押しつぶし、捻じ曲げてしまう。
恋愛小説であると共に、少年少女の精神疾患を正面から扱った意欲作です。その描き方はとてもリアルで真に迫っています。
その病は、まるで呪いのように主人公につきまとい、中盤で主人公の心を蝕み、人間関係を崩していきます。
圧巻のひと言です。
おそらくは作者様も、この作品を書くのに魂を削ったことと推察します。読み応えアリです。
ラストは、多くは語れませんが、物悲しくも希望を感じる内容で救われた気持ちになりました。
充実した読書時間をありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

星という文字に惹かれて読みました。
かなりの長編でしたが、とても面白く、全部読んでしまいました。

『頑張り症候群』

私もそうなっていた時期があり、小節が書けない時期がありました。
せっかくみんなが応援してくれるんだから、とにかく完璧に書かなきゃと思って。
少し真面目すぎたのかもしれません。

ヒロインのエリちゃんが健気でかわいくて、とても癒されました。

次回作も期待しています。