赤目のおろく

作者 三谷銀屋

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

静かに紡がれる文章は時代と舞台に見合っていて読みやすい。時代物を読む機会はあまりないのですが、するすると読んでしまいました。文章がひたすら心地よい。
そして安定した筆力で描かれる登場人物は、物語に馴染むのに個性的です。
赤目や死神、というだけでなく、個々の違いや感性がしっくりと馴染みながら違う世界を楽しむ心地にさせられました。
おろくだけでなく登場人物が魅力的で、終わり方が凄く素敵です。妖しい存在のある世界で、心地よい読了感でした。
読みやすくまとまった文量なので、すっと楽しみたい方におすすめの作品です。

★★★ Excellent!!!

 怪奇的とも幻想的ともつかない、不思議で妖しい雰囲気が何とも言えない物語です。
 まず、文体や展開は淡々としているのに、登場人物たちの個性がはっきり見えてくるのがいい。身体の部位の取替えがファッション感覚でされる、人間からすれば物騒な流行で広まるあの世という世界観も、慣れるとなんだか人間臭くて面白いと思ってきました。閻魔様に娘、それも猫みたいに気まぐれでちゃっかりしていて甘え上手なのがいますし。博打打ちなんて怖そうな生業なのに優しさを失くさないおろくには応援したくなりましたが、あの世の面々の違う物語も読みたくなりました。