ぼくは本物の寿司を食べることが出来ない

作者 相川由真

72

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「なにこれ筆力超高い」と思い拝読させていただきました。
こんなにうまい文章・構成・会話の巧みさは正直、
僕には書けないです。
プロ作家の方なのか、最終候補に毎回あがられる方なのか、
どちらかだと思いますが、コンテストが終わったら長い文章も
読ませていただきたいと想います。
カクヨムのレベルの高さを思い知らされました。

★★★ Excellent!!!

彼女と共に高級寿司屋を訪れ、寿司を注文し、そして食べようとする……普段通りの光景が流れるはずが、何故か寿司を食べる事が出来ない主人公。

その理由の詳細をレビューで書くと完全にネタバレになってしまいますが、非常に納得、そして切ない現実が彼を襲ってしまいます。
仕方ないですが、こういう感じの癖を持ってしまうと、肝心な舞台で苦労を重ねそうですね……。