作品を読んでもらうためにあなたができること

作者 水谷 悠歩

374

142人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

なるほど、すごく参考になりました。

今まで沢山の小説を読んできましたが、レビューした事は一度も無かったです。

私も最近小説を書き始めて、読む側ではなく作者目線になって来たので、反応が無い辛さや、逆にあった時の嬉しさが分かるようになりました。

読ませてもらった作品にはレビューする。それが有名な作品でもそうでなくても、今後は実行していこうと思います。

まずはここから!

★★★ Excellent!!!

自分がぶつかっている問題にぴたりと当てはまり、レビューの大切さを知りました。承認欲を埋めたくて、でも自ら行動しない自分の作品が読んでもらえるわけないと分かりました。自分の為に、と思うことを恥ずかしいと思うのではなく、積極的に視界を広げ今後の執筆活動に役立てたいと思います。

★★★ Excellent!!!

小説投稿サイトを利用こそしているものの、読む際も書く際もレビューというものを一切気にせずに過ごしていました。
そういう意味では、小説投稿サイトそのものにあまり関心が無かったのかもしれません。
どうすればより読まれるのか、どうすれば好きな作者を応援できるのか、そしてどうすれば自身の作品を誰かに見つけてもらえるのか。
そういったことを学ぼうともせず、そのままでいいとすら思っていました。
執筆活動を始めてから、今年で15年になろうとしていますが、インターネット上で誰かに見られるという形での活動を始めたのはほんの数年前。まだまだ未熟ものです。
そんな私の目から鱗が落ちる感覚を、本コラムより授かることができました。ありがとうございます。

今まで誰かの作品に感想やレビューをしたことのなかった私が、今日人生で初めてのレビューを行います。
数話で区切られておりますが、全体を通して短い文章で構成されており、比喩表現を用いて直感的に分かりやすい説明がなされていました。
本音を言えば、どのようなレビューの書き方が適切なのかもう少し詳しく書いてほしかった気もしますが、それよりも『レビューを書くことで生じる双方のメリット』の大切さを直球で訴えてくる文章に動かされましたので☆三つとさせていただきます。

今日を境に、好きな作品の応援も兼ねてレビューをしていこうかなと思います。
ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

 カクヨム に登録したばかりですが、レビューの重要性について痛感しています。フォローや★を送っただけでは、中々読んでもらえないですよね。

 今、長編を連載していますが、執筆の合間に他の方の作品を読んでいます。その中でレビューを送った方から、早速レビューが返ってきました。しかもちゃんと、読んでくれてコメントも残してくださっています。

 レビューを書くには、しっかりと理解して読まないといけません。あまり打算的に考えず、自分好みの作品を探して読むのがいいのかもしれませんね。それで、レビューが返ってきたら儲けもの、くらいの気持ちで。

★★★ Excellent!!!

本日長編小説を、それも13万字を超える作品を投稿した身としては、
かなりぶっ刺さる内容でした。

確かに作ることに心血を注ぎ込んでいたけど、読んでもらった方が嬉しい。

そういうわけなので、早速色々見て周り、レビューしていきたいと思います。

皆さんも投稿したら是非一度これを読むことをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

カクヨミあるいは小説投稿サイトのなんたるかも知らず、どうしていいのかも右往左往の状態で、とりあえず、今日、長編の第1話をアップしました。
アップしたからと言って誰も読んでくれないでしょうし、これからどうしたらいいのだろうと、迷っている時、この記事を拝見しました。
わかりやすい言葉で、ネット小説で読まれるための方法論を書かれており、さらにレビューを書く有効性について、もしレビューを書くことが億劫なら、それはこうした媒体に向いてないなど、とても示唆にとんだ内容で興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

 少し違うけど「情けは人の為ならず」(本来の意味のほう)だと思った。
 「ここが良かった」という感想は作者の活力になるし、「こうしたほうが良さそう」という批評はより良い作品作りにつながる。そして好きな作品がより面白くなって、ついでに自分の活動を知ってくれるかもしれない。

 駄文でもいい、短文でもいい、とにかく書いてみる。それが大事だとよくわかりました。

 …初レビューなんだけど、ちゃんと書けてますかね?

★★ Very Good!!

レビューを書くという、誰かの作品を客観的に見て評価するということに対して、何となく気恥ずかしさのような苦手意識を持っていたのですが、認識が変わりました。
誰かのためにしっかり感想を書くことが、巡り巡って自分が活動していることの表明にもなるという、なかなか作品を発表しているだけでは気づきにくいところに言及されていて、はっとしました。
これからは少しずつでも、読んだ作品とその作者さんに声を届けてみようと思います。

★★★ Excellent!!!

私は今までレビューを書いたことがありませんでしたが、これを読んで、書いてみようと思いました。レビューを書くことのメリットは自分の想像以上に大きく、自分にも相手にもメリットを生むということが理解できました。
私は今まで自分の作品の質を高めることばかりに目を向けて、他作をしっかり読むということを疎かにしていました。しかし、今後は他作を今の何倍もしっかり読んでみて、レビューを残せる人になろうと思いました。
この文章は本当にレビューの大切さを感じるものです。

★★ Very Good!!

書き手にとってとにかく欲しいのは感想だと思います。1つでも多く色んな声が聞きたい。そう思ったので実績してみます。これ読むまでは何となくレビューなどしないかな、と思っていたんですが、何事もやってみることから変わるものです。
より良く変わることを祈って私も実践しようと思います。
少しかたすぎたかな……。

★★ Very Good!!

何にでも言える事ですが、ただ待っているだけでは状況は変わらないということを、至極簡単に、そして丁寧に教えてくれる内容でした。
なかなか自分自身に変なプライドがあったり、人の作品に評価するのが気が引けてしまったりするものですが、これからは文章を通しての交流をもっと深めていこうと考えさせられました。

★★★ Excellent!!!

一言通り、痛いところをつつかれました。

自作優先にしてちょい読みやったことがあります。
そんな申し訳なさと感想を伝えたいからと、中途レビューも何度か上げました。

読むことが自作の為になるという考え方はいままで否定的ではあったのですが、少し考えを改めてみようかと思わされました。


つつかれて負かされたので★三つです。

★★★ Excellent!!!

なるほど!って思いました。
私はレビュー下手なのですが、
でも読んでて書きたくなってきました。
自分のためにも、喜んでもらうためにも。←結局自分のためになるのですが(笑)

読んでて作者さんにはありがとうと言いたいです。

最近始めたのですが、カクヨムライフ楽しみたいと思います。

★★★ Excellent!!!

カクヨムにおいてすべての起点になるレビューの重要度はとても高いと感じる(注目作品しかり新着レビューしかり)のですが、いまいちレビューを積極的に促すシステムとは感じられず、もやついてました。

んで、稚拙な文でのレビューに対する気恥ずかしさや、遠慮の気持ち(レビューくれくれマンみたいに思われそうやん!?)もあって、作品にレビューするのを避けていました。

が、アレですね。

こう、おいらは利己的な考えでレビューしてまっせ!くらいの強い気持ちの方が良いかもしれないっすね。その方が結局、全体の活気にも貢献できそうだし。とどかない賛辞とか役に立たないですもんね。

レビュー返しなんかいらんで!作品がめっちゃ面白かったからレビューしたんやで!という本当の気持ち、本音は(どうせ伝わんないし)とりあえず心の奥底にとどめて、活気だしの強気レビューを、雑レビューにならないようにやれたらいいなと思いました。

いや面白かったっす。




★★★ Excellent!!!

カクヨムへ来て、拙作をどうやって読んでもらうかに苦戦していたのでこちらを読ませて頂きました。
目から鱗でした。
読んで頂くには読んでみる。そしてレビューをする。
私はどちらかというと内向的な性格なのですが、読んで頂くためにもアクションをしてみようとこちらを読んで思えました。
楽しいカクヨムライフになるよう頑張ります。
ありがとうございました!