東京ダンジョンEE

作者 リンゴあきと

164

62人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 脳内を主人公が駆け巡る感覚がありました。現実社会に突如現れるダンジョン。アイテム。敵。ボス。そして……。
 正義感よりもたった一人の家族を優先する主人公が、カッコイイ!
 大胆不敵な女の子たちは美しく、かわいらしい!
 生存者のみが現実世界に帰って来られるという過酷さや、序盤にモンスターに人間が食べられる表現は残酷でしたが、カッコイイ主人公がすべてを払拭してくれました。

★★★ Excellent!!!

読みやすかったおかげでどんどん先に進んでいってしまった。
緊張感もある。それは設定がしっかりしており、テンポよく読むことができるからこそ生まれたものなのだろう。

東京にダンジョンができるわけだが、そこに身を置くことになるのはつらいだろう。妹のため――。王道いいじゃないですか! はっきりとした目的意識があることは、己の覚悟をはっきりとさせる。

時間が時間なので、青結晶の洞窟編を読み終えることはできませんでしたが、続きを読みにまたやってきます!!

★★★ Excellent!!!

大事なたった1人の妹の命を救いたい……突然あちこちに開いた謎の空間「ダンジョン」に、強い意志と様々な面々と共に突入した主人公を待っていたのは、死が日常的に迫りくる、過酷という言葉が安っぽくなりそうな「地獄」で……。

様々な凶悪な能力を提げて、あっという間に命あるものを肉塊へと変えてしまうモンスターの前には、強力な武器も信念も意味を成さない場合もしばしば。途轍もない大金という報酬があれど、現実を軽く超越した空間の中でどう強敵に立ち向かっていくか……。
文字通り、手に汗握る決死の活劇が繰り広げられる作品。次のダンジョンで待ち受ける強敵は何か、続きが楽しみになってくるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

 濃厚な戦闘シーンと、それぞれのドラマ。文章力もしっかりしており、問題なく呼んでいけます。序盤こそ世界観に入り込むまで時間がかかるかもしれませんが……シナリオが山に入る辺りで、ぐっと引き込まれます。

 登場人物の背景などもきちんと書かれており、最後に登場するある人物の心境描写は王道的なものでしたが、王道としての良さかあったように思います。

 ようやく終わった最初のダンジョン。果たしてこれからどうなるのか、楽しみです!

★★★ Excellent!!!

妹の手術費を稼ぐためにダンジョンに向かう少年の話です。

ベタですけど、王道の展開がいいですね!

読者としては一話で話がわかるのは手にとりやすいです。

キャラクター描写もグッド!

会話文にわかりやすい特徴を加え、一々気にせずに読むことができます。

まだ冒頭ですが、展開次第では名作になる可能性を秘めています。

是非、頑張って下さいね!

この話の完結を願って、星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

 緊迫感に満ちた構成、人物の来歴、魔法の構成。
 それぞれの思惑が交錯しストーリーを盛り上げます。
 何よりも目を引くのが、モンスターの描写。
 捕食シーンだけでなく、戦闘描写はスリルに満ちています。
 少年たちに待ち受けるのは、一攫千金と栄光の生還か。それとも無情な死か。

★★★ Excellent!!!

自分がプレイしたことのあるダンジョンRPGって、小説にするとこんな感じだなあって関心を寄せられながら、楽しく読み進めさせてもらいました。
武器で攻撃する時の効果なんかの表現の一つ一つが、巧みです。
モンスターも、そのおどろおどろしさがよく伝わってくる。
この後の展開で、巨大なモンスターとかって出てくるんだろうか?
今からワクワクです。