400文字。

作者 早瀬翠風

すべてのエピソードへの応援コメント

  • プラタナスへのコメント

    こんな喧嘩したことないな……

    ……したいとは言ってない。

    作者からの返信

    私もないですねー

    ちょっとしてみたかった。かも? 笑

    2019年12月1日 16:45

  • 葉桜へのコメント

    連作ですね。
    あるがままの姿を、幻想の美しさではなく。美しさも醜さも受けとめて浄化していく、そんな気持ち。

    作者からの返信

    その通りです。
    何もかもを、受け入れる覚悟。

    2019年1月12日 21:25

  • 花筏へのコメント

    前作と対ですね。
    対の対比が美しい。
    詩情溢れる情景描写が素晴らしい。

    作者からの返信

    連作で何本か。
    桜に限らず、花を描写するのが好きです。

    2019年1月12日 21:24

  • 花散る頃にへのコメント

    私は義父母、父を看取りました。
    病気からの認知症、脳梗塞からの高次脳機能障害、呼び方はどうあれ、壊れた記憶の最期を看取るたび、いろんなことを考えました。

    作者からの返信

    私はたまに帰省したときに会うだけだったのですけれど。
    祖母のなかにはちゃんとみんな生きていて。けれども、時間と区別が欠落しているようでした。
    看病をした母は、また違う感慨があったろうと思います。

    2019年1月12日 21:22

  • 届かないものへのコメント

    抒情豊かですね。
    月の光、秋桜揺れる水面、ベール越しの従妹の美しい面立ち……

    儚く切ない恋の終わり

    詩的で素敵です

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    実は自分でも結構気に入っている一編です。

    2019年1月11日 20:01

  • 月を愛でるへのコメント

    あ……
    うわぁ……

    男性諸君は、大変ですね。

    作者からの返信

    男子が頑張ってくれたら、女子は幸せになれます。
    だから女子も、優しくならなければなりません。

    スマホを飛ばしちゃいけません! 笑

    2019年1月11日 19:59

  • 夜明けへのコメント

    朝はいいね!

    作者からの返信

    ですよね!
    何事においても、明けるっていうのは気持ちの好いものです。

    2018年9月2日 15:47

  • 夜明けへのコメント

    ため息が出るほど美しい情景が浮かびました。朝露という言葉で、空気の匂いまで連想できてしまいます!

    作者からの返信

    何かが生まれる瞬間というものは美しいですよね。

    2018年8月29日 01:50

  • 葉桜へのコメント

    解釈として正しくない読み方かもしれないけれど、手の届かない距離から眺めるのが一番美しく見えるのかもしれません、片思いの恋のように

    作者からの返信

    そうなんです。
    去年、【花筏】の方では私もそのように描きました。
    そこを突き崩そうとする若者の一途さと申しましょうか(^ ^ )

    2018年4月11日 07:48 編集済

  • 花筏へのコメント

    美しい文章です。それに感情もしっかり伝わる400字。
    花筏の漂う静けさと桜の儚さが見事に表現され鳥肌ものでした><

    葉桜の返信コメで教えて頂き、ありがとうございます!!

    作者からの返信

    早速ご覧いただいてありがとうございます!
    この不器用さんを何とか幸せにしてあげたいのです(´ー`;)

    2018年4月9日 18:26

  • 葉桜へのコメント

    「泣きそうに顔を歪める」
    ここの心情は深いですね(>_<)

    花筏の美しさに彼女が嫉妬したと思って顔を歪めたのか。
    「全部同じです」と聞いた彼は物事の変化を受け入れられなかったのか。

    ここの彼の表情の受け取り方で、二人に行方が感じられるように思いました。


    追記(返信を読んでから)
    【花筏】読んできました!
    「顔を歪める」の部分もスッキリと合致できました^^
    ありがとうございます♪ ぴったり一年前だったんですね!

    作者からの返信

    400文字で一話完結。を謳っているのに、けしからんことなのですが……
    昨年春に書いた【花筏】を受けておりまして。
    己の出来ぬことをあっさりとしてのけた相手への感情や、姿を変えても同じ花びらだという言葉への感情や。
    そして、本当にごめんなさいなのですが、『目次』で白状している事情など。
    それらが綯い交ぜになっての表情なのです。

    態とぼかしたところもあるとは言え、己の筆力の未熟さを解説するのは恥ずかしいですね(*/□\; )

    2018年4月9日 03:01

  • 初詣へのコメント

    なんか、大人のデートってこんなカンジなのかもしれないわ。
    こりゃ「キス」するまでに何年かかるのかしら💦

    素敵なシリーズになる予感💕

    ☆追記
    実はワタシもあのカップルを思い浮かべました😊

    作者からの返信

    きゃっきゃうふふしない、落ち着いた関係。
    と言えば聞こえはいいですが(笑)

    あおいちゃんとこのじれじれカップル並に恋愛スキルが低い模様……

    2018年1月8日 10:30

  • 初詣へのコメント

    おおっ!進展が……
    って
    手つなぎデート(笑)
    幸せそうでよかった!

    作者からの返信

    普段の私からは考えられないお行儀の好い展開です(笑)
    なんておぼこいんだろう(  ̄▽ ̄)

    幸せなのは間違いないのです♡

    2018年1月5日 14:17

  • 初詣へのコメント

    由美視点で、その後が読めるなんて新年早々幸せです><
    イブから二人で過ごす時間が少しづつ増え、初詣デートで彼から手を握ってもらうなんて最高のシュチュエーションですね♪o(〃∇〃o)

    結局もらっていないキス。いつもらえるのでしょうか?楽しみです((o〃∇〃))o♪

    作者からの返信

    いろいろ考えたのですが、どう見てもヘタレなお兄ちゃんがあの場でチュー出来るはずがないな、と(笑)
    中学生もびっくりのスローペースです。
    手を繋ぐのも必死。
    キスなんていつになることやら(*´・з・)

    2018年1月5日 14:09

  • 届かないものへのコメント

    綺麗な空間です。秋の独特な夜空。夏過ぎた湿度を含まない夜の気温。月が澄んだ空気によって、水面を反射させる情景は彼の心情を表しているようで素敵です(((o(*゚▽゚*)o)))

    作者からの返信

    たった400文字からそんなに想像できるゆうけんさまこそ、素敵な方です✨

    2017年12月12日 08:08

  • 後悔へのコメント

    お気持ちに共鳴。
    些細で深い、想いの淵に沈む澱。
    切なくて、でも、心で叫ぶことしかできなくて。

    時を経て、無花果が口元をほころばせる魔法の言葉になりますように。
    楽しい思い出が胸に蘇る、そんなきっかけへとなりますように。

    作者からの返信

    ありがとうございます。

    優しいお気持ちに深謝いたします
    (*´∩ω・`)゚+.゚

    2017年10月23日 14:11

  • 後悔へのコメント

    思い立ったらすぐ行動した方がいいなんてわかっているけれど、マニュアルどおりに動けないのもまた人間ですね。

    後悔しながら生きていくのもまた人間だけど……。






    うん。

    作者からの返信

    うん。

    2017年10月16日 07:42

  • 花筏へのコメント

    桜に続く




    恋歌ですね(^_^)

    作者からの返信

    そうなんです。

    振った側。


    ここを突き崩す一途さを振られた側に求めるのです。私。

    2017年5月30日 13:34

  • へのコメント

    切ない!




    恋の詩ですね((T_T))

    作者からの返信

    切ないです。

    叶わない恋です。

    2017年5月30日 13:32

  • 花散る頃にへのコメント

    色々な最期があり、別れがありますね。

    婆ちゃんがそうでした。

    僕は妻がそうなったら、何をどう思うのかな?

    作者からの返信

    うちもお婆ちゃんが……

    2017年5月30日 13:31

  • 届かないものへのコメント

    ヤバイな!




    いい!( ≧∀≦)ノ

    作者からの返信

    ヤバイいただきました~
    (o゜▽゜)oワーイ

    月が好きなんですよ🌙

    2017年5月30日 13:29

  • 初めての、へのコメント

    こういうネタ!




    淡くていい!( ≧∀≦)ノ

    作者からの返信

    滅多に書かない、可愛らしい恋です(*´ー`*)

    2017年5月30日 13:27

  • 月を愛でるへのコメント

    スマホのない昔、同じシチュエーションで




    パソコンのコンセント抜いた女の子を知ってます!Σ( ̄□ ̄;)

    作者からの返信

    (゜ロ゜;ノ)ノ

    ツワモノですね!

    2017年5月30日 13:26

  • いつものカフェでへのコメント

    最後の一文が



    決まってますね!(;`・ω・)ノセツナーイ

    作者からの返信

    うわぁ✨
    いらっしゃいませ。
    ありがとうございます!

    セツナーイ(笑)
    ↑うちの専売特許なのです( ´艸`)

    2017年5月30日 13:22

  • 初めての、へのコメント

    中学生で、お付き合いかあ、負けたあ。って問題は違うって。通じましたよ、きっと。

    作者からの返信

    私も負けたー(笑)

    通じるよね? きっと♡

    2017年5月23日 13:23

  • 月を愛でるへのコメント

    セーフとアウトの対比がいいね。

    作者からの返信

    セーフの方に重きを置いて欲しい、
    っていう私の願望(笑)

    2017年5月23日 13:22

  • いつものカフェでへのコメント

    決しての所、ちょっと切ないね。

    作者からの返信

    認めなければ、傷付いてない振りが出来るかなぁ、って。

    2017年5月23日 13:21

  • 初めての、へのコメント

    まず君達2人が可愛いよ、などと思ったりするのです。

    作者からの返信

    ですよね♡
    ありがとうございます。

    2017年4月30日 10:36

  • 花筏へのコメント

    「花筏」素敵な言葉ですよね。大好き🌸
    そこからこんな素晴らしいストーリーが。しかも400文字で。

    桜の儚さと恋の切なさ、どうにかしたいけれど、きっとこのまま流れていく。
    一行一行、
    一言一句に共感しまくりです。

    額装して飾っておきたいくらい。
    素敵な作品をありがとう。

    作者からの返信

    ありがとうございます♡
    花筏、私も好きです。
    未練がましくて、美しくて、手が届かない。

    切り取ってそっと仕舞っておく。
    そんな恋の物語でした。

    ありがとうございました。

    2017年4月15日 00:54

  • へのコメント

    華やかでどこか寂しい情景が見えるような、素敵な文章です❤

    作者からの返信

    桜は、うつくしさと切なさが同居する樹だと思います。
    だから、
    心惹かれる。

    ありがとうございます。

    2017年3月12日 09:11

  • 届かないものへのコメント

    綺麗✨
    水面の月を秋桜で飾る
    泣きそうなくらいに綺麗です

    ……にしてもやるわね、小学生の僕。

    大人になった僕の幸せを月に祈ります✨

    作者からの返信

    秋の月は格別に美しいから、きっととても綺麗だったでしょうね。

    美しい月。美しい従妹。
    どちらにも手は届かないけれど、いつか「僕」にも幸せは訪れるはず。

    2017年2月20日 14:07 編集済

  • 届かないものへのコメント

    最後の三行がとてもいいです!

    作者からの返信

    恋の自覚と失恋が一度に訪れるという……

    2017年2月8日 22:08

  • 初めての、へのコメント

    これも好きです。

    作者からの返信

    中学生くらいの
    「初めてのオツキアイ」をイメージ♡

    2017年2月8日 22:07

  • 月を愛でるへのコメント

    ははは、いいですね。この二人。

    作者からの返信

    女の子は少々気の強い方がかわいい。

    というのは、女子側の都合の好い解釈かもしれませんが(笑)

    2017年2月8日 22:05

  • いつものカフェでへのコメント

    おもしろいですね!!
    手法もそうですが、設定が日常ですごくリアルなのに、淡々としていて読後感がとても良いです。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    手法としての400文字、オススメです。
    おもしろいですよ(^ ^)

    2017年2月8日 22:01