スーパー◇ボット少女「」 - 誰も知らない日常詩篇 -

作者 ながやん

62

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨムのロボット作品によるクロスオーバー作品『スーパー◇ボット大戦「」- 地球選択の日 -』のスピンオフ作品です!
登場するのは、そのロボット達を擬人化させた少女達! メリッサを初め、様々な個性豊かなキャラ達が、ストーリーに華を咲かせてくれます!
ロボットに乗って戦うリジャスト・グリッターズの傍ら、人知れず戦う彼女達。その活躍に目が離せません!

★★★ Excellent!!!

カクヨムの中で連載されているロボット物の小説の中に、とても有名な作品があります。その作品名は『スーパー◇ボット大戦「」』……良作です。
この小説はそのスピンオフで、某戦艦に済む人物の作り上げた美少女プラモから物語は始まる。

夜な夜な、トイ◯ストーリーが如く動くそのプラモ達は近代の萌えを素晴らしいがまでに引き出し、ロボット萌えの可能性を改めて予見させてくれます。
本家に参戦している作品から、惜しくも不参戦な作品達までを網羅する可能性の獣……否、ノベル。これはありがたい。

面白さも本家級なので、熱さだけでなく萌えを求めるロボット物を読みたいのならば、是非とも一読すべきだと私は推します思います。

★★★ Excellent!!!

カクヨムキャラクター達がM○少女めいたメカ少女となる。
まるで意味が分からんぞ!(褒め言葉)

独自のアレンジを利かせて各作品をリスペクトしながら、それぞれのキャラクターを立たせての展開は見事の一言。
ちょっとしたAIのバグから始まったメカ少女達のお話。原作を知っているとより楽しめると思います。

うちの子もお世話になりました、そしてキャラ付に驚かせていただきました。