意識高い系バーサーカー 燃崎カルトの冒険

作者 黒木レン

36

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 交流のあるユーザーが二人レビューしているから気になって読み始めた作品。当たり前のように語尾に「カパ」とつける河童はかなり好みなのですがそれ以外にビビッと来るものがなく、正直なことを言うと、楽しく読み進めながらも「これは★だけ入れるパターンかな」とか思っていました。

 第4話を読むまでは。

 ビックリしました。いや、だって、第3話までそんな感じ無かったし。そういうシーンが無いわけじゃないけれど、少年誌のコメディ漫画にたまに挟まれるシリアスバトルぐらいの雰囲気だったし。それがいきなりあの熱さは不意打ちすぎる。

 第3話まで僕の中で「減らず口の達者な無鉄砲」という印象の強かった主人公が、第4話で名実共に「意識高い系バーサーカー」になってからは物語への熱中度も上がり、いつの間にか最後まで読み終えてました。とにかくターニングポイントは第4話。伊達にタイトルに「天王山」とついていません。どんな作品にも個人個人の合う合わないは存在しますが、本レビューを読んで作品に手を伸ばす方がいらっしゃいましたら、第4話まで読み進めてから是非を判断することをお勧めします。もちろん、第4話から読み始めるのは一番勿体ない読み方だから厳禁で。

★★ Very Good!!

 昔、とある人から聞きました。
 ――「河童には浪漫がある」、と。

 妖怪というロマン! 漢気というロマン!
 友情というロマン! 対決というロマン!
 そして強さを求めるという普遍のロマン!

 そんなロマン溢れる作品なのに、常に「えぇ?!」という笑いが散りばめれているのがこの作品です。
 どうぞ、あらゆる方面への意識の高さをお楽しみください。


 
 あと最後に河童の語尾がかわいらしくてかわいらしくて。

★★★ Excellent!!!

あれ、なんか聞いたことあるフレーズになったぞ。嘘は言ってない。ただ一部「俺の/アタイの知ってるそれと違う……」という部分はあるかもわかりません。どこがどう違うかは読んで確かめましょう。でも「友情」だけは間違いない。断言できる。

なんごとも一生懸命やる、何かを振り切るまで、というのはまあ見てて面白いし清々しい気持ちになりますね。

あと女の子(かわいい)の名前が出て来て、俺はそういう形式の世界の話がすごく好きなのでサイコーだなと思いました。これはそういうサーガのひとつなんですね。