第11話 ラスティームーン ~【暗殺者クロナの依頼帳 月の兎は夜に跳ねる】~

 薄暗い店内には、どこかの国の民族音楽が流れている。

 それは何処となく、言うなればジャズに近い。


 このバーの名は、ウィッチオンザクレッセントムーン。


 少々長ったらしいその名の通りの看板が、店の入り口にぶら下げられているのだが、金属製のそれはすっかり錆び付いてしまっていた。三日月の上に魔女が乗っているデザインも、今では茶色に濁ってその輪郭しか見て取ることが出来ない。


 客は殆どいない。

 数少ない常連客達はこの店をこう呼んだ。


 ――ラスティームーン


 看板の見た目からそう呼ばれるようになったわけだが、錆び付いた月ラスティームーンという愛称が示す通り、店内もまた実に辛気臭い。


 そしてこの独特な雰囲気をすき好む変わり者が、数少ない常連客である。


 その中の一人に、隊長の姿があった。


 古びた戸を押し開けてカウンター席に座ると、何も注文していないのに目の前にグラスが置かれる。

 店主曰く、戸の開け方と足音を聞けば、それが誰だか分かるそうだ。


 そうしてこの店の客達は、一言も発する事なく普段と同じ酒を飲み、普段と同じ金額を言葉の代わりに置いていく。


 言葉のやり取りも、心のやり取りも存在しない。

 ただ好きな酒を口にして、一人の時間を満喫し、この場所の雰囲気を満喫し、新たに入店してきた客と入れ替わるように、席を立って店を後にする。


 大人の世界と言えば間違ってはいないが、大人であってもこの空間を理解できる人間は多くないであろう。


 この日、隊長は一杯目を飲み終えると、珍しく別の酒が欲しくなった。


「店主、悪いが今日はギムレットを頼むよ」


 別に強い酒が欲しい理由はない。

 ただ、そんなネット小説を読んだ影響で、ギムレットを一杯、注文してみたくなっただけだ。

 影響されやすい性格なのである。


「今日はどうしたぴょん? 嫌な事でもあったぴょん?」


 店主の問に、隊長は小さく笑う。


「いや、何も」


「隊長元気ぴょん? はい、ギムレットお待ちどうさまぴょん!」


 差し出されたグラスを、一口に飲み干した。


 喉が熱い。


「店主、今日はコレを」


 隊長は言いながら、一枚の手紙を差し出した。


「もしかして、ラブレターぴょん? 困るぴょん、ぴょんは人妻だぴょん」


 店主はそれをゆっくりと開く。


「感想ぴょん? なーんだ、がっかりぴょん。でもありがとぴょん!」


 店主が礼を述べた時にはもう、隊長は店を出るところであった。


「むむ、今日もツケぴょん。やられたぴょん」


 そうは言うが、その表情はどうにも困った感じは見受けられない。むしろ心なしか嬉しそうな笑みを浮かべていた。

 そして店主は手にした感想に、ゆっくりと目を通し始めるのであった。





◆以前に読んだ作品を紹介します。


タイトル:暗殺者クロナの依頼帳 月の兎は夜に跳ねる

ジャンル:ファンタジー

  作者:レライエ様

  話数:8話

 文字数:27,347文字

  評価:★26 (2016.11.23現在)

最新評価:2016年9月30日 20:34

 URL:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881617786

 検索時:『月の兎』で検索しましょう。



キャッチコピー

 世に争い有る限り、私の仕事は無くならない。



感想★★★

 暗殺者を名乗る亜人種と、不思議な鞄のコンビが織りなす物語。

 シリーズ物でいくつか作品がある中で、これが第一幕だと思います。(違ってたらごめんなさい)


 ただターゲットを暗殺する展開なのですが、そこにはしっかりとドラマが刻み込まれています。

 不思議な鞄の設定も実に興味深く、ファンタジー世界の演出に強烈なインパクトを与えています。


 心理描写が特に秀逸で、読者をしっかりとファンタジーの世界へ誘ってくれる。

 シリーズ通してお楽しみ頂きたい作品です。


 ぜひご一読下さい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます