観光の王様 〜別府へ いらっしゃいませ〜

作者 片瀬智子

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 そして実際にwikiで調べてしまいました!(笑)
 私はこの人物のことは知らなかったのですが、相当に破天荒でエネルギッシュな人だったようです。
 こんな人だからこそ別府をここまで有名にできたのでしょうね。
 面白く、そしてためにもなる作品でした!

★★ Very Good!!

私が居住する地も全国有数の温泉郷があるので、別府については全く興味がありませんでした。

お堅い苦難の偉人伝が始まるかと思って読み始めた冒頭の外し方、
人物紹介はざっくりしていますが要点を得ており、
続きを調べたくなるような落ちもいいですね。
私も読了後に油屋氏についてwikiで調べたほどです。

かなり濃い人物で、破天荒なところがあります。
おそらく相当な人たらしであったことでしょう。
なりふり構わぬ宣伝だったかもしれませんが、
今の別府を支えていることがわかりました。
この掌編は地元の魅力を人物で上手に伝えることに成功しています。


★★★ Excellent!!!

人生における災難を二つ同時に経験した主人公。そんな彼に不思議な旅行会社のスタッフが提案した旅行先は別府だった──

なぜ彼に別府を、油屋熊八を紹介したのか?
それは彼の不屈の精神とバイタリティに触れれば、些細な挫折など十分乗り越えられるものだと感じられるからなのでしょう。

Wikipediaによると、彼は別府の観光地としての発展のために私財を投げ打ち多額の負債があったため、没後には経営していた旅館やバス会社が売却されたそうです。
観光というのは、地域にとっては外貨を生み出すドル箱のような産業です。
天下の回りものを外から持ってくることができて、中が潤う。
今では当たり前になった考え方を彼は見通して、地域のために尽力したのでしょう。

主人公が別府で熊八の思いに触れたとき、どんな化学反応が生まれたのかが気になります。

★★★ Excellent!!!

「生きているだけで、丸もうけ」――。どこかで聞いたことがある言葉だったのですが、油屋熊八という方が仰った言葉だったのですね(へー、へー。トリビアの泉風)。

 そして別府が有名になった理由では、その油屋熊八の奇想天外な方法が紹介されるのですが……この人、ものすごい行動力です。全身別府愛でできているのかというくらい。カクヨムでもこれくらいの行動力があれば、読者も飛躍的に伸びそうですね。

 いや、無理ですけどね。

 珍しい切り口の街コン参加作品で、読んでいて思わず笑みを浮かべます。(ミライちゃんも可愛いんだろうなぁ。どこの旅行代理店にいるんだろ)

 そして、落ちもうまいっ! よっ座布団、千枚(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

別府を日本を代表する観光名所に育て上げた広報の天才油屋熊八氏のお話。

恥ずかしながら私は、その人物をこのお話ではじめて知ったのですが、てっきり偉人伝かと思いきや、限られた宣伝媒体で観光の地をどのようにアピールしていったかという逸話を端的にまとめたビジネス書籍的な内容を孕んでおります☆

これはある意味、カクヨムで公開している自作をどのようにアピールすれば良いのか、といった私を含めた多くの作者が抱えている問題にも結びつけることができ、またその解決の一助になり得る内容だとも思います♪