勇者征服計画 ~女勇者が世界を支配するまで~

作者 腹筋崩壊参謀

62

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

この話の主人公であり女性騎士のレイン・シュドーですが、何と日に日に増殖する!?
最初は二人、最初は数十人辺り、その次には100人ともはやアメーバかと言いたくなる位に増えまくる。それ故に台詞が凄い事に!

しかもそんな増えた自分を嫌うどころか、綺麗と思う辺り末期症状になっているような……しかし百合はいいので、別にいいかと(笑)

ここまで増殖するのはある理由があっての事だが、果たして物語の終わりまでどこまで増えるのか。ちょっと怖いですけど見ものですね。

増殖系が好きな方には是非お勧めです!!

★★★ Excellent!!!

――

魔王に敗北し、仲間にも見捨てられた勇者が取った手段は只一つ。魔王と手を組み、自分を除け者にした世界に復讐する事であった。
村を飲み込み、街を飲み込み、そこに住む人々の善悪関係なく飲み込んでは己を生み続ける。最早ネズミ算式では追い付かない、数の暴力を目の当たりにすると抵抗する気力さえも失ってしまいます。
けれども彼女の芯にある『魔王打倒』の想いは変わっておらず、その一方で魔王に徐々に心を許していく……。
彼女の辿り着く先は、そして魔王との結末は如何なるものなのか。最後まで目が離せられなくなります。

★★★ Excellent!!!

――

 魔物、石や木にかりそめの生命が与えられ人々に害をなす邪悪な存在。
 魔物を支配して世界征服を目論む魔王を倒すべく、勇者一行は旅を続けていた。

 最終決戦、魔王と対峙したのは、黒髪で健康的な肢体に純白のビキニアーマーを纏った勇者、レイン・シュドーただ一人だった。
 単身魔王に挑むレイン。しかし、魔王に告げられた真実。そして圧倒的実力差にレインは敗北を喫する。

 そして目覚めた時、異変に気付いたレイン。そこには自分と寸分たがわぬ自分自身がいた。
 時に神秘的に、時に禍々しくホラーテイストに増殖していく女勇者。
 情報を共有し訓練、研鑽を積み重ね高みを目指すレイン。かつて自分を見限り離れていった他の勇者に何を思うのか。

 仮面の下に表情だけでなくその真意すら隠している魔王。彼がレインを多彩な方法で増やしていく。彼の目指す世界征服の形とは。
 そしてレインの目指す真の平和とは。
 正邪、善と悪、それぞれの立場思惑がが混交し、世界が塗り替えられていく新たな世界。
 一見コメディーに見えて、王道かつダークな雰囲気も漂う増殖系ファンタジーです。
 役割分担し、細分化せずに同一人物が増えていく。それはあたかも昨今のネット世界で、情報が一気に拡散するさまにも似ています。
 読み進めるにつれて、増えていくレインの行く手にあるのは真の平和か、それとも。

 (……見渡すかぎりの、健康的な身体を包むビキニアーマー、観たい……(-_-).。o○0〇

★★★ Excellent!!!

――

無限増殖ものを書かせたら右に出るものはいない作者。
そのとどまるところを知らない増殖ヒロインへの愛は、遂に短編や中編の枠を飛び出し、何章にも及ぶ大長編へと漕ぎ出した……!
「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」「すごいなー!」

★★★ Excellent!!!

――

ヒロイン、レイン・シュドーは、ビキニアーマーと言う、凄腕を自負する防具をまとっています。

レインがレインになったのには、驚きました。

二人のレインが自分を自分と主張し合う様子が面白いです。

それが、無茶苦茶増えて、沢山のレインが話したり、行動します。

沢山の会話文を表す、かぎ括弧の使い方が秀逸です。

敵は、魔王です。

でも、本当は、悪いばかりではないのかも知れません。

この後の展開が楽しみです。

がんばってください。

ぺこり_(._.)_

★★★ Excellent!!!

――

『魔王』の軍団に立ち向かう勇者の一人だったレイン・シュドー。彼女はその超絶的な剣技で魔物を蹴散らすが……。

この小説の肝はやはり増殖し続ける女勇者というところにあるでしょう。話が進むごとにその数を増やし、中盤ではすでに2000人という数となり、一つの村をほぼ制圧しております(笑 しかし次の話では258000人また増えたっΣ(・□・;)

とまあ、増殖する女勇者ばかりに目がいきがちですが、復讐をテーマとした物語の出来も秀逸です。

敵だった魔王と組み、かつての仲間、そして人間たちへの彼女の怒りがぶちまけられる様は爽快感たっぷりっ。みんなレイン・シュドーになっちゃえばいいじゃんっ(笑

皆さまも本作を読んで有意義な時を過ごしてみませんか(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

――

増殖していく話というのに初めて出会いました。
他にも増殖していくお話があることは小耳にはさんではいましたが、実際、増殖に出会ってみると、衝撃を受けました。
増え続けるということは恐ろしい。しかし、傍から読んでいる分には面白い。
この恐ろしいけど面白いという感情を抱きながら読んでまいりましたが、僕はまだ中盤投稿されている話をすべて読んではおりません。
今後、さらなる増殖が待っていると思うと心が高鳴ります!

★★★ Excellent!!!

――

斬新な設定に昨晩からずっと読み進めていました。
どんどん増えるレイン、最早この数、人間に勝ち目はないでしょう。勇者側についた魔物も何か裏がありそうですね。
一番面白かった回は「女勇者、侵食」です。レインに対して恐怖を抱きながら読むことができました。

変わった設定のお話なので、普通のファンタジーものに飽きた方にオススメ!今後も更新楽しみにしています!

★★★ Excellent!!!

――

某書籍化された、分裂作品のファンタジー版でしょうか?

ふざけたことをこんなにも確立させて、しっかりとした話に仕上げてる点が、
「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい「すばらしい」………

是非、読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

――

勇者が増殖して魔王倒す話です。

筆者様の新作、早く来ないかなーと待ちにまった結果、すでに51話ww

乗り遅れました、すいませんw

オチがわかっているだけにその過程を楽しみにやってきました。

ついに異世界物語にまで手を出した筆者様の冒険が、始まっています。

これを読まずに新年は始まりません。

是非一読させて頂きます。

この話の完結を願って、星3つ送らせて頂きます。