ノスタルジック・メモリー ~浅草今昔情景~

作者 芳賀 概夢

36

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ネタバレを含みます。ご注意下さい。

爽やかな気持ちになれます。過去が今を助けてくれるところでしょうか。しかし、どこか嘘っぽさを感じるのは、まるで過去の悲しみを無理やり覆い隠そうとしているかのような印象があるからでしょう。

★★★ Excellent!!!

子供が体験する不思議な物語。

幼馴染みとのデートの最中に見る白昼夢。
それは、過去からの教訓を知らせるメールのような物かも知れません。

その想いを敏感に受け取った主人公は、幼馴染みに素直な気持ちで対応する。

過去と現在が交差する物語。

★★ Very Good!!

電気ブランの紹介だけでも数々の物語が出来そうなのに、それを脇役にしているところが良いです。
脇役といっても、電気ブランの歴史を知れば、また物語の意味も深くなる。
少年少女の甘い物語だけど、なかなかの渋みがある物語に感じました。


★★★ Excellent!!!

すっかり様変わりする町並み。
その中に変わらず存在するもの。

それは人も同じなのかもしれないと思いながら、
タイトル通りセピア色にそまるノスタルジックな情景が目に浮かぶ
素敵な作品です。

★★ Very Good!!

新旧入り混じる浅草という場所で、少年少女の約束のお話。

この話だけではないですが、「もしも」のお話ってずるいなぁ(褒め言葉)ってよく思います。浅草というを題材に、その場所が見せてくれたもの、というストーリーがすこしグッときます。
 あなたも浅草の景色に夢を見ませんか?