KISS or KISS ? ―メイクアップ・ハロウィン―

作者 氷月あや

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

すっごく可愛い。
雰囲気も、いたずらも、お菓子も、ハロウィンを口実にしちゃう二人のやりとりも。

年上の女性と、年下の男の子。
これだけ歳が離れると、大人で、しかも女性は尻込みするかもしれないけれど、いくつになってもやっぱり心はときめく。

これからどうなるのかしら。
いいなぁ。とっても良い!
思わず頬が緩んでしまう、そんな素敵な恋がここにあります。
皆様にも是非、この胸キュンを味わっていただきたいです。

★★★ Excellent!!!

――

お互いに好きな者同士の、様子をうかがいつつ仕掛けあう悪戯。からかうのもからかわれるのも心地いい。「おふたりさん、ごちそうさま」と、昭和のツッコミ方をしたくなる、甘い、あまーい、お菓子のような掌篇です。

★★★ Excellent!!!

――

ハロウィンのタグから発見したこの作品。
ほんのちょっとの好奇心で読んでみたら、まんまと落ちてしまいました。男の子の年下らしい可愛さと、女性の大人っぽさが絶妙にマッチしていて。最後のシーンでハートを破壊されました……。

★★★ Excellent!!!

――

ふたりの微妙に緊張感をはらんだ会話が外の世界を遮断してしまった。それはまるでハロウィンの魔法だ。
年上の彼女はリードしているつもりで実はリードされていた。戻ってきた彼からの熱い抱擁に心はとろけそうになっていく。魔法使いは魔法にかかってしまった。

冒頭のメイクシーンの細かな描写力。おっさんのぼくには書けません。素晴らしいの一言です。
全体に漂う空気感まで描き出す至宝のラヴロマンスに読んでるこちらも絆されます。