屋敷

作者 宮澤真宙

10

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

ホラーはホラーでも、主人公が冷静すぎて、かつ幽霊が普通に話しかけてくるこであまり怖くない問題が発生しておりますが、まあそれはこの作品の特色として面白いとおもいます(笑)

また、ホラーの典型として「主人公がギリギリ助かる」や「助かったと思った次の瞬間に死ぬ」といったものが挙げられますが、この作品はどちらにも属してはいません(ネタバレになるので明言はしませんが)。

そして何よりも、最後に謎を明らかにせずに終わるという……作者様の真意が気になりすぎます!(笑)

こういう展開だと幽霊の過去を描いた作品も見てみたい気がしますね。

★★★ Excellent!!!

入ってはいけない屋敷。過去のトラウマ。暗闇と女の声。

この作品には、物語の定石と言えるような、様々な仕掛けや要素が詰まっています。

物語の核心を、読者に気にさせながら、どんどん引き込んでいく技術。
短編の中に綺麗にまとまっていて、本当に上手いなと思いました。

勉強になりました。ありがとうございました。


にぎた

Good!

覗かなきゃ無事に通り過ぎられるのに、つい覗き込んでしまう。
怖いのはあまり得意ではないのですが引き込まれました。ずっと追ってきたつめたいものが背中に追いついたみたいな読後感。文体は淡々とした感じ。クライマックスはもう少し恐怖を煽っても良いのではないでしょうか。悪夢見そうですけれど。