『白紙の書』と『空白の書』

作者 おっぱな

33

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

※少し最後の方にネタバレアリ


グリムノーツはちょっと触ったくらい。気にはなったけど二次創作だしなー(二次創作は大好きなんですが、よく知らない作品は読んでもやっぱわかりにくいので)って思って踏み込めずにいたのですが、知らなくても平気と言うレビューを見て読みました。面白かったです。

世界観をしっかり生かしきり、この短さでまとめているのは高い構成力を感じさせて見事です。比喩も綺麗。……険悪な相手に対するスペアの行動が陰険wwって思ったけどキャラ設定を思うと多少ねちっこいのも納得かも?












私が咀嚼しきれなかったってのはあると思うんですが、ラストがわかるようでわからないのが少し悶々としました。姿の描写的に少しだけ望みは叶ったのかな、という部分は一応救いかな……って思います。個人的に

★★★ Excellent!!!

ゲームの世界を知らなくても十分に楽しめる作品です。事実私は全くこのゲームを知りません。
読み始めた感想と中盤の感想、そして最後の感想がここまで違う物語も珍しい。こういう物語が書けるのは凄いです。最後の方は圧巻でした。
何が悪で何が善で、何が幸せで不幸せなのか。グルグルと考えさせる物語です。面白い一言では片付けられないお話です。

★★★ Excellent!!!

文章の上手さには目を見張るものがあり、最後まで物語を堪能させて頂きました!

「白紙の書」の設定が面白く、物語も奥深いものとなっていますが、それ故に、全貌が明らかになっていく後半の過程が、やや性急に感じられました。

その一方で、これだけのテーマを丹念に描くとなると相当な文字数が必要になるかと思いますが、それを現在の文字数の中で完結させている点にも、筆力の高さを感じずにはいられません!

原作の「グリムノーツ」を生かしながらも、全く新しい「ファンタジー小説」へと昇華されており、非常に読み応えのある作品だと思います!

★★★ Excellent!!!

 私はグリムノーツをやっていないのですが、
「それでも楽しめる」というレビューを見て手に取って読むと、
「深い!とにかく深い!」
 これは私の解釈なのですが、
 私達は「スペア」であり「カオステラー」であると、
「どゆこと?」と思った方は是非読んで確かめてみてください。
 他にも考えさせられる要素満載です。
 文句なしの★3つです(^_^)