シンデレラ

作者 かがみ透

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の中に様々な工夫が凝らされていてGOODです!!
こういうのをゲームブックって言うのでしょうか?
昔に図書館で一冊だけ見つけてとても楽しかったあのワクワク感を思い出しましたね
「まだ、9時前ですわよ!」のセリフがツボに入って笑いましたww
全体的にノリが激しくて、その勢いが良いなと思います♪

★★★ Excellent!!!

もうね、この作者様の童話シリーズね、毎度毎度唸るしかないの。
「面白い!」以外の言葉を拒否してる作品なの。
腹筋が崩壊しまくってるの。
私の腹筋返せ。
ほんのり可愛いラブコメ調もあって、こっちが照れちゃったりするんだけど、それを上回る爆笑の渦にもうやられっぱなしなの。
とにかく読め。
悪いことは言わん、黙って読め! いや、笑いながら読め!

★★★ Excellent!!!

三つのうち一番好きなのはミュミュverでした!
ヴァルドリューズがちらっと出ていてテンションが上がったり(〃´ω`〃)
マリスの脚力には驚きましたね……あの脚力だと蹴ったらすごいパワーになりそうです。

★★★ Excellent!!!

シンデレラという題材をもとに、途中の魔法使い選択によりエンディングが異なっていく

昔やったゲームブックのような形式に、懐かしさと面白さを思い出しました

そしてそれぞれのオチがとても素晴らしいです

童心に返った気持ちで読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

 昔、ゲーム形式の小説が文庫本であったんだよな~。
 選択してページを飛ばして、結末を選ぶ……たしかそんな感じだったと思います。

 この形式、実は自分もやってみようと思ったけど、一つの話しをいろんな結末に導くのが意外と面倒くさい。いや、面倒くさいと言うより、色々な結末を考えるというのは、物凄く発想力を必要とする。
 まして、皆が知るストーリーの結末を増やすというのは、本当に大変だ。一歩間違うと凡庸なストーリーになるか、類似した結末にしかならないんだもん。

 作者さま、お見事です。
 本当に面白かったです。

PS
 余計なお世話と思いつつ……
 1話の後に、魔女の選択肢とか出しても良いかもしれませんね。

★★ Very Good!!

 魔法使い選択で結末が変わる、知ってる人には知っている、けれど今風には新しい方式でしょうか。
 切り口を変えた童話アレンジ、楽しく読ませて頂きました。

 脳筋キャラも嫌いじゃないのだけれど、せっかくだから、俺は③を選ばせてもらうぜっ!

★★★ Excellent!!!

誰もが知るシンデレラストーリーに、あんなパターンやこんなパターンを持ち込んだご作品。
現代的価値観の少女、シンデレラ=マリスが物語に存在するだけでも楽しめるお話ですが、シンデレラ・ストーリーは各王子様、各魔法使いの登場によって変化します。
どんな結末かは読んでからのお楽しみと致しまして、シンデレラのハッピーエンドの心地良さはこちらにも健在です。
さあ、こんなシンデレラはいかがでしょう。

★★★ Excellent!!!

おなじみの童話がゲームブック形式に構成されているという、斬新なリメイクものです。どの選択肢も笑えます。「おなじみ」の役回りを演じるキャラクター達がそれぞれに個性豊かで、「おなじみ」でない結末を導いてくれるところが、ますます楽しい作品です。

★★★ Excellent!!!

昔話に登場する女の子だって、王道レールを外れて、自由に生きたい筈。
この作品は、幼少のころに誰もが昔話に抱いたであろう「人間には自由意思は存在しないのだろうか?」という素朴な疑問を解消してくれます。
この作品のシンデレラは元気です。生きています。それはたぶん結末を自分で選択できるから。
いや、王子様の方も、ゲスかったり、勝手に熱かったり、悩んだり……。人間らしくて笑えます。
さあ、あなたもお好きな魔法使いを選んでシンデレラをプロデュースしてみましょう。
※この作品はコメディタッチです。




★★★ Excellent!!!

最初の、シンデレラは、小さいときに見た物語より、内容が濃く、裏側の世界まで、細かく書かれた、読みやすいストーリー。
結構、いろんな脇役の登場人物がダークだったりして、たのしかったし、
王子とシンデレラがなぜかかっこよくおもえました。
 そして、ミュミュが登場。なんて、かわいいキャラクターなのでしょうか。シンデレラも一緒に羽が生えて富んでるような、メリーゴーランドの中の、箱庭の物語のようで、最後のみんなでハグは、大きな花火を真っ白いお城から打ちあがりました。
ほんとうに、こころやさしい、ハッピーエンドのひと時でした。

★★★ Excellent!!!

ガーン、ショックです!
王子ってもっと……。

ネタバレ回避のため多く語れないのが残念です。

ルート分岐みたいになっているのが面白いですね。
それぞれの違いを楽しむのもまた、一興かと。