ハッピーバースデー

作者 水谷 悠歩

56

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

主人公のぐるぐるした思考描写がリアリティ満点です。
ラストは主人公であってもそうでない私も嬉しく思います。
恋に疲れた方、ぜひ読んでください。
この作品と出会うことができて良かったです。
ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

――

ナナちゃんとペンギンがキービジュアルとなって印象的でした。
このあとの彼らのストーリーもあったら読みたいです。

あと、すみません。
直前にホラー小説を読んでいたもので、そのギャップですごく心が洗われました。笑

★★★ Excellent!!!

――

ナナちゃんというとっかかりが、まずもって良いと思います。
金の時計、銀の時計という待ち合わせ場所もありますが。季節が秋であるなら、外の待ち合わせは大丈夫。
雑踏に佇む女の子。彼氏を待つ間にちょっぴりネガティブな気持ちになる様が、よく伝わってきます。
読後感さわやかな作品でした。お勧めです!

★★ Very Good!!

――

ナナちゃん(検索して初めて知りましたがすごい存在感ですね……)の足元での、彼氏を待つ彼女の考え事と、とあるサプライズ。待っているからこそ考えてしまう。でも、会ってこんなサプライズがあれば、もやもやしていた心も一気に弾んでいきますね。爽やかな青春模様とナナちゃんの存在感が際立つ、ご当地小説です。

★★★ Excellent!!!

――

若い男女の恋物語です。

なぜペンギンのぬいぐるみ!?

と思いながら読んでいましたが、名古屋駅のななちゃんというキーワードがあり、これだ、と思い検索してみたところ、特にペンギンは関係ありそうになかったです(笑)

きっと筆者が好きなのでしょう、僕も好きです、ぽてっとしたお腹に愛くるしい歩行、という話はいいですね(笑)

次の話に期待して、星3つ送らせて頂きます。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

メイ駅(名古屋駅)前の待ち合わせ場所で、遅刻常習の彼を待つ女の子。ストリートシンガーの歌に、なぜかナイーブになってしまい……

恋人同士の待ち合わせを切り取り、それを名古屋の街に重ねた物語です。ポイントはやはりナナちゃんですね。
今日も大勢の人々が行き交うメイ駅前。彼女たちはそんな風景の一部でしかないのですが、当人たちにとって主役は自分たちです。
遅刻は問題ありですが、今回はナナちゃんに免じて許してあげてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

これが言いたくてのレビューかもしれません(笑)。

きっと多くの人が経験するであろう待ち合わせ。

せつなくギュッと心を掴まれて、ほっこりにっこりさせてくれるラスト。

うん。ラブストーリーはこうでないとね。ナナちゃんファッションもこうでないとね(^_−)−☆

あ、ナナちゃんご存知なくても十分楽しめますよ。万人向けです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

名古屋の名物待ち合わせ場所。ナナチャンの着ている服で季節やじぢを感じる。この物語は、そこから始まる、いまにも、風鈴の音が聞こえそうな
とっても、綺麗な物語。
 きっと、浴衣が似合うかも、そんな感じで、読んでるほうも参加したくなる。とっても、最高のストーリーです。

さんがに★で称えました