盲人狩り

作者 D坂ノボル

5

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

胸糞悪い小説を読みたくて、読み始めました。ところが、最後まで読み終えたあとに残ったものは、最初の期待を180度反転させたものでした。ですが決して期待外れではありません。してやられた。どうしてそう思ってしまったのか?
序盤は血なまぐさいシーンの連続。人物の過去が描かれる箇所もあり、復讐に狂う者たちの活劇が「まだやるのか、(倫理的に)大丈夫なのか?」と不安になるほどの筆致で描かれます。ですが、その「大丈夫なのか?」は、やがて意外なかたちで方向性を変えます。とにかくその過程が鮮やかで、気がついたら物語に呑み込まれます。必然性のある胸糞ものでした。未読の方はぜひ、この読後感を味わってください。

★★ Very Good!!

 世界でもっとも後味が悪い小説。
 そこまで言われたら、興味がわいてきた。
 どんな悪趣味で冒涜的で差別的で醜悪なのかと。

 読み始めたら、これは確かに酷い。
 盲学校に殴り込んで身障者を殺しまくる話ですよ。
 宅間守プラス植松聖ですよ。
 
 でも、最後まで読んだら……
 もちろん悪趣味で醜悪なんだけど、ものすごい差別になりそうな話なのに、差別的という印象はなく。
 ああ、やっぱりな。そういうもんだろ。と、腑に落ちる作品ですらありました。