コミカル三国志(第一部)

作者 ダメ人間

37

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

まだ全て読んでいませんが、とても素晴らしい中国史に関する作品だと思いました!以下は単なる余談なのであえて書きません!


(僕の漢詩、中国文学に対する勉強不足を指摘して頂き、誠に有難うございます。)


路僧、月下に立つ

レ点すらつけれません。本当に勉強不足です。

★★★ Excellent!!!

――

過去に吉川英治の三国志を読んでいて途中で挫折した経験があるのですが、これだけ手短にまとめられていると分かり易くて良いですね。
人物同士のやりとりも面白く、立て看板の文章はツボにはまりました。
ああいう書き方されると自分も参加してしまうかもしれませんw
先を読むのが楽しみです。


さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

Good!

――

未経験者大歓迎。
懇切丁寧に教えます。
明るく楽しい小説です。
さあ、一緒に新しい世界を開きましょう♪


まだ10話程しか読んでません。
最後まで読んで改めて☆をつけますね。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

一応、横山三国志も吉川三国志も読みました。入門編と言われているこの二作より、この「コミカル三国志」の方が遥かにわかりやすかったです。英雄たちが何故戦わなければならないのか、という背景をとても軽いセリフでスイスイとわかりやすく説明しています。特に孫堅が劉表を攻めた背景や理由がよくわかりました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

三国志の物語がこれだけ親しまれているのは、やはり三国志演義の物語、人物に魅力があるからだと思います。

ただ、「三国志演義」は、それほどとっつきやすくないというのも事実。

この作品は、キャッチコピーにあるとおり「コミカルで、気軽にサクサク読める三国志演義」になっていると思います。

また、キャプションには「オリジナルキャラや異世界キャラはいません」とあります。

三国志演義をベースにした作品は様々なものがありますが、こういった作風の三国志小説が読みたいという人にはお勧めだと思いますし、三国志に興味あるけれど読んだことはないという人にもよいのではないかと思います。

読みはじめてみて、キャッチコピーに偽りなく、コミカルで親しみやすく、気軽にサクサク読める三国志小説だと思いました。

たとえば、劉備が黄巾討伐の立て札を読む場面はこんな感じの文体です。


『黄巾賊危険。超暴れている。奴らを討伐したい。でも兵隊足りない。なので兵隊募集します。勇気ある人是非来てね!』



まだ作品は序盤ですが、この「コミカル三国志」という新鮮な三国志演義の作品の世界を、最後まで味わえることを期待しています。