エンマのヒマつぶし

作者 ドラキ

21

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

死者が生き返りを賭けてエンマ主催のゲームでバトルする。これはアツいでしょ!

序盤の主人公が受けている虐めが酷すぎて、ムカついて読んでしまったらすでに作者さんの術中。

そして、バトル相手がもつ異能力がすばらしい。キャラクターと相まってよく考えられている。ビジュアルが頭に浮かびます。

読み口はやや重めだだけど、その価値はある快作です!

★★★ Excellent!!!

なかなか情報量が多いですが、キャラクターの個性を立たせた上で、そのキャラクターたちの言葉として説明してくれるので、ダレたり退屈したりすることなく読み進めることができました。

また、登場人物の多くは自分流の、唯一無二の能力を有しているわけですが、その能力とキャラクターの相性を合わせているのがこれまた見事です。

やっぱりキャラ立ては大事だなあ……。

その上でこれだけのバトルアクションが展開されたり、一人一人の『生きることへの執着(悪い意味ばかりではなく)』がひしひしと感じられたりと、大変読み応えのある作品となっています。

大変勉強になりました!
ありがとうございます(^^)

★★★ Excellent!!!

 壮絶ないじめを受ける主人公の十文字優紀は、ある日死んだはずの兄と路上で出会う。同時に彼はエンマ大王とも会うことになるが……。

 まず、かなりくだけた感じのエンマ大王の登場に驚く。しかしながらエンターテインメントを好むという現代にマッチしたキャラ設定で好感度大。
 だってエンマ大王が「『デッドマンズ・フェスティバル』開催だっ」とか言っちゃってますからね(⌒∇⌒)

 そして始まる『デッドマンズ・フェスティバル』――通称『Dフェス』ですが、かなり作りこまれている世界観が、弥が上にも興趣をそそる。特に『霊具』なるものが肝でして、少年誌を思わせる能力バトルが熱い熱いっ(>_<)

 果たして十文字優紀は、兄の剛我と共に『Dフェス』を勝ち上がっていくことができるのか――。

 皆さまも是非、彼の活躍を応援しようっ(⌒∇⌒)

[とりあえず第一章までのレビューとなります]

★★★ Excellent!!!

イジメられっ子、十文字優己。
ある時不良に万引きを強要されてしまった彼は、その中で中年の男を追い詰める巨漢を目撃する。

それは、死んだはずの兄、剛我だった……

彼が参加しているのは、エンマ大王の気まぐれを発端とした死者たちのサバイバルゲーム。
復活という名のイスをかけて、彼は異能を持つ同類相手に挑んでいく。

トンファーという特異な武器をあやつる剛己をはじめ、ユニークな能力が次々登場する本作は、地に足ついた重厚さと、時に軽やかなスピード感を持つ文章力が魅力です。

生き返るために、生き残ろうと戦う彼らの活躍に、こうご期待!