作品の完成度を高める方法

作者 石宮鏡太郎

83

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 小説を書こうと新たに決意したものの、うまくないと自分で自分の作品を貶してしまっている人。星がつかない人。
 ある程度書けてきたのに、ひと皮向けられない人。
 書けると自負してきたのに、スランプに陥っている人。

 そんな人に是非、読んでもらいたい。
 そこまで長くないです。しかし、密度がある。どの部分を読んでも物語を書く人にとって「これは!」と思う一節があるはず。
 小説の根本的な、作法や小説家としての心構えが記されていました。

★★ Very Good!!

参考になる啓蒙書です。
誰もが気軽に(見た目だけはそれっぽい)小説を書けるようになった現代で、かつてない程に自称小説が溢れる状況を生み出す片棒を、確かに私は担いでいます。WORDを使って1年前に初めて自称小説を書きました。そして、カクヨムに飛び込みました。
最初は自惚れていたんですが、今は趣味と割切り、自分の好みで書いたら、世間からどれ程の共感を得られるものか?を確かめる実験のつもりで投稿しています。
自分の浮き上がり具合を思い知らされた最近は、我ながら冷静だと自賛しているのですが、だからこそ、本作品に書かれた内容が頭に浸透してきます。
星幾つにしようかと悩んだのですが、星評価に意味が有るのか?という気がしますので、中庸の2つにしておきます。

★★★ Excellent!!!

 始めて小説を書いたはいいけど、それを推敲する方法が分からない……という方、お薦めのエッセイです。

 本作は「推敲をする為の段取りと手順」が、非常に丁寧に解説されています。特に文章を見直す際の重要箇所、小説を小説足らしめている要素とは何か? など、基本中の基本ですが、とても大事な事が記されています。

 まずは本作を読みながら、自分の原稿を眺める事をお薦めします。そうすると色々な物が見えてくる事でしょう。実際自分もそうでした(笑)

 非常に勉強になる事が満載ですので、これからも小説を書き続けたいと強く思う方は、目を通しておくべきエッセイだと思います。お薦めです。

 

 

★★★ Excellent!!!

「小説をじぶんでも描いてみたい。文字でこの気持ちを表してみたい!」とおもった出発点は、ココロ踊るすばらしい物語にたくさん巡りあったから。

「物語」の受けとりかたは、読者さまざま。
けれど、「作品」としては……?
筆者の解説なしに 勉強できないよ!
もっと、もっと知りたい。
そんな私も、あなたも、まずはここから始めよう!

おしえてください、先生ーー!笑